SHIBUYA TSUTAYA 林香里さんに聞く『仕事も日常も、マンガで高めよう! ビジネスマン必読の3冊』
 世の中にはあんな本やこんな本、いろんな本がある。そのテーマも十人十色。「感動したい本が読みたい!」「思いっきり怖い本を味わいたい」と思っても、 どんな本を選べばいいのか分からない! とお悩みの方も多いはずでは?
 そんなときにあなたの味方になるのが書店員さんたちだ。本のソムリエ、コンシェルジュとしてあなたを本の世界に誘ってくれる書店員さんたち。
 そんな彼らに、テーマごとにお勧めしたい本を3冊答えてもらうのが毎週水曜日に配信する、この「わたしの3冊」だ。 【「わたしの3冊」バックナンバーはこちらから】

 今月のテーマは『仕事も日常も、マンガで高めよう! ビジネスマン必読の3冊』。
 最終週となる今回、3冊を選んで頂いたのは、今年4月28日にコミック売り場がB1Fから7Fへ拡大移動したSHIBUYA TSUTAYAの林香里さん。どんなマンガを紹介してくれるのか?



◆『バクマン。』

著者:小畑健、クリエイター:大場つぐみ
出版社:集英社
定価(税込み):(第1巻)420円

大人になるにつれて、いつからか「夢」を見なくなってしまう。フツーの高校に行き、フツーの大学に入り、フツーの企業に就職する。そんな風に人生を軌道修正してしまったのはいつ頃からだろう。
中学生の2人が漫画家という夢、そして好きな女の子のために向かって日々奮闘する。2人のまっすぐな姿勢は、忘れかけていたいつぞやの「夢」を思い出させてくれる。ビジネスマンになっても忘れてはいけないことが詰まった1冊です。


◆『宇宙兄弟』

著者:小山宙哉
出版社:講談社
定価(税込み):(第1巻)580円

宇宙飛行士の弟を持つ南波六太は32歳でリストラとなり無職へ。
そんな六太は、幼いころに弟と将来を約束した宇宙飛行士の夢をあきらめず32歳にして自分の夢に再チャレンジする。
家族や周囲の人間に支えられ、ひたむきに夢を追い求めて行く六太。孤独になりがちな状況にも応援していくれる人々の存在に元気と活力を貰える1冊です。


◆『Real Clothes』

著者:槇村さとる
出版社:集英社
定価(税込み):(第1巻)420円

入社5年目の天野絹恵27歳が仕事と恋愛や結婚とのバランスに悩んだり、何かと壁にぶち当たっても乗り越えていく前向きな主人公を赤裸々に書かれています。
仕事に対しての意識が強く、キャリアを積んだOLや男性の方にも共感を得る1冊であり、自分への励みにもつながる作品です。

◇   ◇   ◇

【今回の書店】

■SHIBUYA TSUTAYA

2010年4月28日にコミック売り場がB1Fから7Fへ拡大移動しました。SHIBUYA TSUTAYA OPEN10周年を記念して300名を超す漫画家さんからお祝いの色紙を頂きました。売り場にて展示中ですので是非ご覧下さい。

□SHIBUYA TSUTAYA 店舗ブログ
 http://ameblo.jp/shibuya-tsutaya/

□SHIBUYA TSUTAYA 店舗twitter
 http://twitter.com/SHIBUYATSUTAYA

□SHIBUYA TSUTAYA 7Fコミック売場
 http://twitter.com/SHIBUYA_Comic/


■住所:東京都渋谷区宇田川町21-6
TEL:03-5459-2000
FAX:03-5459-2001

■アクセス
渋谷駅ハチ公口出てすぐ

■営業時間
AM10:00〜AM2:00(全館)

■ウェブサイト
http://store.tsutaya.co.jp/storelocator/detail/2312.html


【関連記事】  写真入りの元記事はこちらから
出稼ぎに行ってしまった年収29万円の貧乏社長の“その後”
会話の間が持たない人のための3つの方法
読書のすすめ 井手良平さんに聞く『仕事も日常も、マンガで高めよう! ビジネスマン必読の3冊』


SHIBUYA TSUTAYA 熊谷秋平さんに聞く『仕事の極意はスポーツ選手から学べ、プロの極意がわかる3冊』

【新刊JP注目コンテンツ】
書店員が3冊のお勧め本を紹介!「ブクナビ」
混沌の中から、最善の解決策を生み出す思考法(新刊ラジオ1260回)