アイマス公式ブログ、「竜宮小町使用不可撤回の署名」などへの返答が公開

写真拡大

アイマス公式ブログ、「竜宮小町使用不可撤回の署名」などへの返答が公開バンダイナムコゲームスより2011年春発売予定の「アイドルマスター2」で、竜宮小町使用不可撤回の署名などについて、アイマス公式ブログで総合プロデューサーからの返答が公開された。
 
坂上総合プロデューサーより、全国のプロデューサーへ坂上総合プロデューサーは、アイマス公式ブログで以下のように語る。
全国のプロデューサーであるファンの皆様へ先月9/18の「アイドルマスター2」TGSステージでの発表につきまして、プロデューサーであるファンの皆様から、たくさんのご意見・ご要望を頂戴いたしました。
 
竜宮小町について
 
「律子、伊織、あずさ、亜美」の4人のアイドルにつきまして、今回の「アイドルマスター2」では765プロの仲間であり、ライバルでもあるという立ち位置での登場となってはおりますが、今後もアイドルマスターの765プロ所属アイドルとして共に歩み、活躍を続けていくことは変わりません。
 
男性アイドルユニットジュピターについて 
男性アイドルの登場に動揺されていらっしゃるプロデューサーの皆さんがいらっしゃるのは承知しております。
 
しかし、”動揺するほど”の宿敵こそ、プロデューサーとアイドル達との団結力を強め、絆を深める力があると確信して採用しております。
 
オンライン対戦について
「アイドルマスター2」ではステージ対戦はNPCとの対戦を中心とし、家庭用ゲームとして、シミュレーション要素とNPCとのステージ対戦の関係を新たなゲームシステムとして練り上げていくことで、攻略性を増し、よりアイドルプロデュースをじっくりと楽しめる方向へと転換いたしました。 

…つまり?竜宮小町は使用できないが、765プロダクションの同じ仲間であり、共に歩んでいく存在である。
 
また、「ジュピター」は動揺するほどの宿敵として、皆の良いライバルになれるだろう。
 
さらに、オンライン対戦については家庭用ゲームらしく、NPCとステージ対戦でアイドルプロデュースをじっくりと楽しんで欲しい。
 
こういう事だろうか。
 
変更という選択肢は、選ばなかったようだ。8,500人もの署名を集めた「竜宮小町使用不可撤回」の嘆願書などを全て目を通した上での、変更なしの判断。
 
多くのファンの願いを押し切ってまで作りたいものは、一体何なのだろうか。もしかしたら、我々の想像を超える物語が、そこには眠っているのかも知れない。
 
(C)NBGI 

▼外部リンク

 
アイドルマスター2
 
アイマス公式ブログ


■関連記事
サイバードのモバイルサイトとロックバンドGLAYがコラボ企画発表!
自己紹介メーカー
前世占い
卵かけご飯ジェネレーター
「クリミナルガールズ」で、パンツじゃないから恥ずかしくないモン?