テキスト系妄想メディア「ワラパッパ (WARAPAPPA )」より

jyun世に数ある刑事ドラマ。最近では「踊る大捜査線」「相棒」などが人気ですね。少し昔でいえば「西部警察」に「太陽にほえろ」「特捜最前線」など名作と呼ばれる刑事ドラマが数多くあります。そんな中、本日ご紹介させて頂く刑事ドマラは、「はぐれ刑事純情派」。




はぐれ刑事純情派 - Wikipedia
出世の見込みがない警察官の溜まり場である山手中央警察署刑事課の「やっさん(安さん)」こと安浦刑事が、強い正義感と温かい心で、犯罪に苦しむ人達の事を常に考えながら捜査に当たっていく姿を描くものである。


故藤田まことさんが演じられた、人情派刑事・安浦刑事が活躍するこの「はぐれ刑事純情派」。他のアクション要素の強い刑事ドラマとは一線を画し、現代社会に生きる人間模様、その悲喜こもごもを描いた本格派刑事ドラマです。

13年にわたって放送された「長寿」刑事ドマラでもある本作。その長い歴史の中で様々な事件があり、中には目を疑う"なんかスゴそうな事件"もチラホラ。今日はそんな「はぐれ刑事」のスゴイ事件簿を、放送された"サブタイトル"を交えてご紹介したいと思います。はぐれ刑事の魅力を感じて頂ければ幸いです。



■時代を感じる編

「カフェバーで拾った女」 1988/4/20放送
「ビデオ女優を探せ」 1988/4/27放送
「盗聴器を仕掛けた女・ガテンギャルの犯罪」1992/8/5放送
「黒い疑惑 それはお立ち台ギャルの謎の死から始まった」 1994/4/6放送
「安浦刑事がリストラされる!」1996/4/17放送

「カフェバー」「ビデオ女優」と時代を感じるワードが並びます。あと「お立ち台ギャル」とか今の若者が聞くとなんのことやらですね。そしてラストはリストラの波がついにここまで。



■安浦刑事が頑張ってる編その1

「南房総恋唄綴り 安浦刑事の初仲人」 1990/9/19放送
「安浦刑事手話を習う!母の復習」 1997/5/7放送
「懷メロコンテストに出た安浦刑事」 1993/9/8放送
「潜入捜査!ホストになった安浦刑事」 1991/8/21放送

仲人に手話に懐メロコンテストと大活躍の安浦刑事。しかし、やはり最後のホストが目を引きますね。「え?ホストって、あのホスト?」と思わず声が出ますよね。茶髪ロン毛のズラをかぶった安浦刑事を想像してしまいます。



■安浦刑事が頑張ってる編その2

「安浦刑事祭り太鼓を打つ! 喪服の女」1999/9/22放送
「安浦刑事が女になった!?母と娘の秘密!」2000/7/12放送
「IT殺人!?インターネット犯罪に挑戦した安浦刑事」2001/4/25放送
「安浦刑事が魚屋に婿入り!?匂いを嗅ぐ女」2001/4/11放送

「太鼓」「魚屋」「女装」「IT」。バライティ豊かでキャッチーなタイトルが続きますね。「インターネット犯罪に挑戦した」という"苦手だけど頑張りました"みたいな言い方がいいですね。また「魚屋婿入り」はその後に続く「匂いを嗅ぐ女」というフレーズもなかなかの興味深さです。



■謎が謎を呼ぶ編

「女装した刑事・母親になった男」 1990/9/12放送
「マンション入居騒動に巻き込まれた女」 1992/7/29放送
「社宅夫人の闘い! 競馬予想の女」 1997/5/28放送
「死体に赤い墨汁が!? 手を握る女!」 1999/5/19放送
「弁当屋の女 猿が暴いた密室の謎?」 1992/5/13放送

「マンション入居騒動」「社宅夫人の闘い」「赤い墨汁」と、思わず二度見してしまうワードが目白押しです。「マンション入居騒動に巻き込まれた女」とか「バラエティー生活笑百科」の相談に出てきそうですよね。しかしなんといっても、「猿が暴いた密室の謎」。抜群ですね。仁鶴師匠も丸く納められなさそうです。



■謎が謎をもっと呼ぶ編

「夫婦で偽証!?行列できるギョーザ屋」 2000/5/10放送
「表札マーキング殺人事件・ミニ豚を飼う女!」 2003/8/13放送
「おふくろさん殺人事件!?モノマネが暴いた真犯人」 2003/8/20放送 
「オムライス殺人事件!?不運に泣く安浦刑事 」 2005/6/15放送
「身代金2000万円と父が消えた!?安浦刑事を馬鹿野郎と呼んだ女」 2002/4/10放送

思わず「どういうこと?」と言いたくなる、アルティメットな謎が次から次へと。文章の前半パートと後半パートで、ものすごいケミストリーが起きているサブタイトルばかりです。一体どんな事件が起きたのか想像できないですね。個人的には最後の「馬鹿野郎と呼んだ女」がお気に入りです。

素晴らしいタイトルが目白押しですね。ちなみにスペシャル編では、結構頻繁に海外を訪れてるようです。



■海外スペシャル編

「安浦刑事ハワイに出張す!初恋の女の完全犯罪」 1989/4/5放送
「安浦刑事ドイツに出張す 東京〜ベルリン贋作名画殺人ルート」 1991/10/9放送
「ハワイ女3人卒業旅行 東京〜ホノルル産婦人科医の犯罪」1993/4/7放送
「香港ドリームが招く殺意!安浦刑事の危険な恋」 1995/4/12放送
「安浦刑事イタリアに飛ぶ! 殺意のナポリ湾 乗り換えられた女!?」 1997/10/1放送

オール海外ロケ。世界をまたにかけてますね。


以上となります。サブタイトルだけで思わず観たくなるものが沢山ありますよね。魅力満載のはぐれ刑事。安浦刑事を演じられていた藤田まことさんは、今年お亡くなりになられたので非常に残念です。藤田さんといえば「てなもんや三度笠」「必殺シリーズ」あとは「養命酒」のCMなども印象に残っていますが、やはり断然「はぐれ刑事」ではないでしょうか?私は誰かに呼ばれて振り返るときは、必ずあのテーマソングが頭の中でリピート再生されます。



以上、宜しくお願い致します。



この記事の元ブログ: ドラマ「はぐれ刑事純情派」のスゴイ事件簿


最新の人気記事はコチラ
フリー画像だけで「天空の城ラピュタ」このエントリーを含むはてなブックマーク
ジンバブエブックマークとは?このエントリーを含むはてなブックマーク
入社一年目の5月病を回避するためには「第三の場所」を作るといいらしいこのエントリーを含むはてなブックマーク
自分の年齢を自覚するためには、仕事や学業よりもむしろプライベートの過ごし方を変える必要があるんじゃないかこのエントリーを含むはてなブックマーク
コピペしてすぐ使えるツイート集このエントリーを含むはてなブックマーク
ダークサイド・バナー制作入門このエントリーを含むはてなブックマーク
インタビュー オモコロ編集長 / バーグハンバーグバーグ代表 シモダテツヤさんこのエントリーを含むはてなブックマーク