韓国女性が10年前よりグラマーに? ネチズン「いいや絶対に違う」

写真拡大

韓国女性の胸が10年前よりもグラマーになり、西洋型のSラインボディーの人が増加しているという調査結果が出た。

韓国の下着メーカー「エブリン」(eblin)は21日、10年間のブラジャーの販売数を調査した結果を発表。2000年に全体の25%を占めたBカップは今年40%まで増加し、Cカップも2007年は5%だったが約3年間で15%も急増したという。一方、2000年に全体の75%を占めたAカップは今年45%と減少し、韓国女性が総体的にグラマーになったことが判明した。

また、胸がグラマーになったのに対し、アンダーバストはむしろ細くなったことも分った。2000年は80サイズが全体の45%を占めたが今年は35%まで減少。一方、75サイズは31%から52%に増加した。

しかし、この結果に韓国のネチズンたちは否定的な反応を見せている。「胸の整形手術をした人の増加傾向も考えないとね」「私の周りにはいないようだが…」「整形外科が増加している」「ほとんどがニセモノ。手術というよりボリューム感を出す補正下着が多くなった」「長い年月かけて体型が形成されるのに、突然胸が大きくなるか?遺伝的に韓国女性の平均はAカップだ」「ウソだ。こんなの誰が信じる」。

エブリンのキム・テギュ企画室長は「10年前、韓国の成人女性の平均的な胸のサイズはAカップだったが、西洋化した体型や運動、整形手術などの影響により、B、Cカップの下着を使用する女性が増えている」「これは体型の変化だけでなく、胸を強調しようとする20〜30代女性たちの意識も影響している」と述べている。果たして真実は…?


参照:韓国女、10年間でどれだけグラマーに変わったって? - アジア経済
参照:韓国女性、10年間で胸は大きくなり胴はスマートに - 京郷ドットコム

(文:林由美)

■【韓フルタイム】とは……
【韓フルタイム】とは韓国に特化した情報を提供する媒体です。
韓国に詳しい専門の日本人記者が取材、執筆を行っております。
韓国中心の出来事をいち早くお届けできるように頑張っていきます。