転職サービスを提供するインテリジェンス(東京都千代田区、高橋広敏社長)は、22歳〜39歳までのビジネスパーソン1,000人を対象に、「あなたにとっての“いい転職”」に関するアンケート調査を実施した。

 調査によると、転職経験者と転職未経験者で、「いい転職」像に最も大きな差が出たのは、「良い同僚・上司に出会える」で、転職経験者では85%が回答した。転職経験者のコメントには、「優秀な上司に出会い、その人に必要とされること」、「良い同僚に出会い、お互いに良い刺激を与えられること」といった内容が多く、一緒に働きたいと感じる相手から自分が認められることが、“いい転職”像となっている。

 それ以外にも、「将来の目標に近づける」(転職経験者の72%)、「転職先とwin−winな関係(同65%)」でも転職経験者の回答比率が高くなっている。

 一方、転職未経験者の割合が高いのは、「自身のスキルが活かせる」(転職未経験者の68%)や、「プライベートが充実する(同67%)」をはじめ、給与アップや就業環境の改善といった項目が目立つ。コメントを見ると、「培ってきたスキル・経験を活かして、今よりも良い条件の会社へ転職する」ことが”いい転職”となっているようだ。

 転職の斡旋を多数行っている同社では、「転職時に年収が上がっても、入社後に成果が出せなければ、周りからの評価や年収が下がってしまうケースもある。入社後に“いい転職”だったと思える転職をするためには、『転職先が決まることがゴールではなく、転職してからがスタート』ということを忘れずに、その会社で長期的に活躍できるイメージが持てるかを考えることが重要です」
「さらに、転職者本人が満足するだけでなく、転職先の企業や社員から『うちの会社に転職してきてくれて良かった』と思われることが、最終的に“いい転職”と言えるのではないでしょうか」とコメントしている。

 調査は、2010年9月16日〜18日の間、関東、関西、東海エリア在住、正社員として就業中の22〜39歳の男女1,000人(うち転職経験者583人、転職未経験者417人)にインターネットサーチを実施して集計した。

転職者の平均応募社数が過去最多の23.5社、活動期間も長期化
中途採用予定は3社に1社、5000人以上企業は5割超も慎重姿勢続く
【独自調査】グローバル人材の求人動向-電機・素材業界で求人増加

日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。