WindowsXPでもAP/クライアントが同時に使える無線LANアダプタが登場

写真拡大

プラネックスコミュニケーションズ株式会社は、アクセスポイントモードとクライアントモードの同時利用が可能なUSB無線LANアダプタ『GW-USWExtreme』を2010年10月下旬に発売する。

XP環境化では業界初の同時利用 『GW-USWExtreme』は、PCのUSBポートに接続して使用する無線LANアダプタだ。本製品には、Windows 7/XP環境においてアクセスポイントモードとクライアントモードを同時に利用することができる「Wモード」機能が搭載されている。

例えば本製品を挿したPCを、認証が必要なワイヤレスインターネットサービスに接続した際、そのPCでネットにアクセスできるのはもちろん、スマートフォンや携帯ゲーム機などのWi-Fi接続機器も同時にネット接続することができるのである。

本製品は、IEEE802.11nに対応しており、最大で150Mbps(理論値)のスループットを実現している。もちろんIEEE802.11g/bにも対応しているため、PCとゲーム機を一緒に接続することもできるのだ。

また、使用状況に合わせて自動的に消費電力を調整する「アクティブエコ」機能や、PSPなど家庭用ゲーム機の人気ソフトをインターネット経由でプレイできるソフトウェア「XLink Kai」への正式対応、WEP64/128bitおよび、WPA-PSK、WPA2-PSKによるセキュリティなど、多彩な機能が用意されている。

本体サイズは、H7.1mm×W14.9mm×D18.5mmで重量は約2.1gだ。なお、価格はオープンだが参考価格は1,600円となっている。

Editor's eyes 指先に乗ってしまうほどコンパクトなUSB無線LANアダプタだ。しかしながら、アクセスポイントとクライアントの両モードが同時に利用できる。「XLink Kai」に正式対応しているのも、ゲームファンには嬉しい機能である。

▼外部リンク

プラネックスコミュニケーションズ株式会社
詳細ページ


■関連記事
センチュリーが家電用外付けHDDケース『裸族の録りほ〜だい』を発売
マカフィーがウィルス対策付きの暗号化USBメモリを発売
「ぷちえう゛ぁ」のレイちゃんフィギュア型USBメモリが再登場
ニンテンドー3DSで驚愕のコラボ! 『レイトン教授VS逆転裁判』
化粧が苦手なのだめでも真っ直ぐ描けるリキッドアイライナー