『けいおん!』じゃなくて『まじこん!』

写真拡大

東京。秋葉原では、いまだに多くのマジコンが販売されており、ゲーム業界に多大なダメージを与えている。マジコンを使うことにより市販のゲームソフトをお金を払わずに手に入れる事ができるため、子どもから大人まで幅広い層が、悪いと思っていながらも購入・使用しているのが現状だ。

秋葉原では人気漫画『けいおん!』をモチーフにしたと思われるマジコンの看板が路上に出されており、その看板には『まじこん!』と大きく書かれている。マジコンにも良いマジコンと廉価版のマジコンがあるらしく、秋葉原ではグレードにより3000〜6000円程度の値段で販売されている。

販売店はグレーゾーンな商品を販売していると自覚しているのかしていないのか、ポップなイメージで看板をデザインしている店が多く、この『まじこん!』の看板を出しているショップもライトなイメージで看板をデザインしている。

マジコンはゲーム業界に大きなダメージを与える機器なので、本当に楽しいゲームを遊びたいのならマジコンは買わずにゲームソフトをゲームショップで購入しよう。ゲームを買わずにマジコンで遊ぶ事によりゲーム会社が利益を得られなくなり、開発にお金をかけられなくなってしまう。面白いゲームで遊びたいならば、お金を出してゲーム買おう。

Photo by Rocket News24 Staff / 本誌記者撮影

このニュースの元記事を読む

■こんなびっくりニュースもあります