■第8試合 ライトヘビー級/5分3R
マット・ハミル(米国)
Def.3R終了/判定
ティト・オーティズ(米国)

いきなり左ハイを見せたティトは、首相撲からヒザを続けて見せる。距離を取り直したハミルだが、やはりティトの地元、大歓声が彼をサポートする。しかし、直後にシングルでテイクダウンを奪われたティトは、じっくりとギロチン系の技を注意しながら、立ち上がる。蹴り技を多用するティトだが、スピード不足は否めない。

ローを蹴るハミルに、同じくローを返すティトは、左ジャブから右ハイを見せる。飛び込んでワンツーを見せたティトだが、残り2分までテイクダウンは封印して戦っている。ティトはスピニングバックブローを放つも、これは距離が合わない。ティトが手数でハミルを上回った1Rが終わる。

両者の左がクロスして始まった2R、ハミルがプレッシャーをかけていく。ハミルの右にワンツーを返すティトは、さらにローを繋げる。ハミルの左、右ローがティトを捉えると、飛びこんできたハミルに、初めてティトが組みつくも、ここはすぐに距離を取る。ティトは左フックからヒザをボディに突き上げるが、ハミルは左ボディフックを返していく。

上体を起こしてパンチをかわすハミルに、ティトのジャンピングニーが襲う。バックステップから、体重が前にかかったティトにダブルレッグダイブを決めたハミル。ティトの腕十字狙いを潰し、左エルボーを連打する。ヒザ十字を狙ったティトだが、サイドを許すと、ハミルのえぐいエルボーを目の周囲に受ける。寝技で打撃を受けたティトは、弱気の表情を見せ、試合はタイに戻された。

ジャブを伸ばすハミルは、続いて左ストレートをティトの顔面に伸ばす。ハミルのアッパーに右を返したティトは、続いて左ハイを放つ。左ジャブを2発伸ばしたハミルは、さらにアッパーをヒット。右へ回るティトを先回りし、左を伸ばすハミルが、ミドルから左ストレート、さらに左ジャブを繰り出し、自らのペースで試合は進む。

踏み込んで右アッパーを見せたティトは、テイクダウン狙いを切られる。残り2分を切り、ハミルの右フックに下がるティト。ダメージはないが、プレッシャーをかけられており、飛び込んできたハミルにあっさりとテイクダウンを許してしまう。

苦しくなったティトは、再びパウンド&エルボーを受けると、懸命にガードから左の拳を繰り出していく。しかし、勢いは当然、トップにいるハミルにある。最後までトップをキープしたハミル。試合終了後、ティトは両手を突き上げたハミルの腕をあげるなど、敗戦を覚悟しているよう。結果、ジャッジの裁定は 30-27、29-28、29-28でハミルがTUFシーズン3のコーチ役・ティトを破った。