世界創造の秘密をめぐる壮大な物語「Solatorobo それからCODAへ」

写真拡大

超未来・空想科学RPG、アニメーションはマッドハウス!漫画やアニメ、ロボットファン、王道物語が好きなプレイヤーにお勧めしたいゲームが、バンダイナムコゲームスより、10月28日に発売予定の新作タイトル「Solatorobo それからCODAへ」である。価格は5,040円。機種はDS。今回はこの超未来・臭う科学RPGを紹介しよう。

Solatorobo それからCODAへ

動画があるのでまずはこちらを見て欲しいのだが、登場人物は人間とは少し異なるところに注目して頂きたい。独特なグラフィックとデザインである。


ファンタジー世界にぴったり合う音楽に驚かされながら、イヌヒトとネコヒトのデザインが印象的だ。人間とは少し違う、彼ら、彼女らが、一体どこから来たのか。そして、最後に語られる「ぼくらは、かって、ヒトだった」という意味とは。壮大な物語の最後に明かされるのだろうか。またサブタイトルの「それからCODAへ」というのも意味深だ。物語は二部構成になっており、それぞれOPがあるようなので必見であろう。

次にTGSの方を見て頂きたい。こちらはナレーター付きで詳しい。

DS Solatorobo -Sore Kara CODA e- TGS Trailer


どうやらCODAというのはあるプロジェクトを指すようだが、やはり、一番驚くのは主人公レッドの覚醒だろう。覚醒して人間に戻っているように見える。壮大なストーリーを連想させる演出も良い。

週刊ファミ通評価は33点。ゴールド獲得!

物語がドラマチック。ボタン操作だけのアクションが良い。冒険活劇などを評価する批評が目立つ。ただ、連打だけになんとかなるという指摘もある。

Point of view28日には先ほど紹介した任天堂の「黄金の太陽〜漆黒なる夜明け〜」またPSPで「ゴッドイーターバースト」もあるために、せっかくの新作タイトルが埋もれがちになりそうだ。筆者もファミ通の点数を見るまでは、真に残念ながらノーマークだった。

DSというので、それほど期待していたわけではなかった。しかし、動画を見ると評価は一変した。これは面白そうだ。何より、大きな謎「イヌヒト、ネコヒト」の存在そのものが物語の重要な鍵となっているところだ。二つの大作に埋もれがちだが、ロボットアクションということで、動画を見て興味を沸いたプレイヤーは是非とも遊んでみて欲しい。

▼外部リンク

詳細ページ


■関連記事
コンサートで、「アイマスVISAカード」プロデューサーシートを用意
「初音ミク」と「アイドルマスター」のコラボDLCが登場!
「アイドルマスター」5周年記念ライブBD&DVD、発売中止
エナジーの力を駆使して謎を解く「黄金の太陽〜漆黒なる夜明け〜」
Xbox360とPS3で、「スペースチャンネル5 パート2」配信決定!