ゴールドのJIMMY CHOO(ジミーチュウ)のハイヒールに、メーガンのピンク&スパンコールミニドレスでキャリー風にしてきたという森泉さん

写真拡大 (全3枚)

 ニューヨークを舞台に4人の洗練されたファッションと、センセーショナルなガールズトークが人気の海外ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」。劇場版第2弾である「セックス・アンド・ザ・シティ2」は、全世界で興行収入を4億ドルを記録して大ヒットを記録しました。主演の4人であるサラ・ジェシカ・パーカー、キム・キャトラル、クリスティン・デイヴィス、シンシア・ニクソンが揃っての初来日を果たし、“SATC旋風”が巻き起こったのは記憶に新しいですよね。

 ファン待望のブルーレイ&DVDセットは10月27日にリリース、それを記念したガールズパーティが22日都内で開催されました。イベントには、限定30名のSATCファンの一般女性が招待され、ゲストにはモデルの森泉さん、MCにはLiLiCoさんと“SATCフリーク”の2名が登場しました。一般招待客が入場すると、ウェルカムドリンクとしてモエ・エ・シャンドンが振る舞われ、イベント開始前から会場は華やかなムードに包まれました。

 「芸能界1SATCが好きといっても過言じゃない」と話す森さんは、「今日のファッションポイントは…キャリー風にしてきた。色がかわいいし、意外とセクシーでしょ。靴もキラキラなの」と、ゴールドのJIMMY CHOO(ジミーチュウ)のハイヒールに、メーガンのピンク&スパンコールミニドレスを披露してくれました。

 SATC2に登場するファッションが、実は日本の影響を受けているというエピソードを知ると、「とても誇りに思います。一番のお気に入りは、キャリーがスークで着ているファッションかな。ピチピチのTシャツにふんわりしたスカートで。意外な組み合わせだけど、すごくマッチしてる。SATCは本当にファッションが参考になる」とDVDを見ながら一時停止して、自分のワードローブを探して真似できないか研究している、というエピソードも披露し、本作もブルーレイ&DVDで何度も観ることを宣言していました。

 SATCといえば、恋。ということで、好きな男性像に話題が及ぶと「好きな男性のタイプはエイダンみたいな人。昔から顔がタイプ!!」数多く出てくるSATCシリーズの中でもエイダンが昔から好きだそうで、「昔から仲いい友達が4人くらい?いて、よく(SATCみたいに)オシャレの話とか恋の相談もよくするの。オシャレな友達がいるっていいよね」と普段からガールズトークで盛り上がることを語ってくれました。 最後に、作品の感想を聞かれると「この作品は、ファッションも生き方もインテリアも勉強になる作品ですよね。男性が見ても勉強になるかも」とコメント。

 今回の初回限定コレクターズ・エディションは、ファンにはお馴染みの世界的デザイナーChristian Lacroix(クリスチャン・ラクロワ)デザインによる超豪華BOX豪華仕様。さらに、SATCの舞台裏や華麗なるオトコたちなど約83分にも及ぶ超豪華映像特典が収録されている他、フォトブックや特製ボックスなどもついているので、女性のオシャレ心もくすぐる貴重なBOXとなっていますので、改めて日本に影響されたというファッションを楽しむのはいかがですか?

「セックス・アンド・ザ・シティ2」ストーリー

友人の結婚式で、久しぶりに顔をそろえた4人の親友たち。ベストセラー作家のキャリー(サラ・ジェシカ・パーカー)は、2年前に波乱の末に結ばれたミスター・ビッグ(クリス・ノース)と、平和な結婚生活を送っていた。PR 会社社長のサマンサ(キム・キャトラル)は、自ら選んだ独身生活を謳歌していた。優しい夫と可愛い子供に囲まれたシャーロット(クリスティン・デイビス) は、理想の家庭作りを楽しんでいた。弁護士のミランダ(シンシア・ニクソン)は、キャリアと家庭の両立に励んでいた――。そんなキャリーが結婚生活に疑問を抱くようになったのは、ミスター・ビッグとの結婚記念日だった。

セックス・アンド・ザ・シティ2 - 作品情報