重さ2g! アクセスポイント/クライアント同時利用できる無線LAN USBアダプター『GW-USWExtreme』

写真拡大




プラネックスコミュニケーションズは、Windows 7/XP環境でアクセスポイントモードとクライアントモードを同時利用できる無線LAN USBアダプター『GW-USWExtreme』を、10月下旬より発売します。認証が必要なワイヤレス環境でパソコンを利用するとき、同製品を挿しておけば『iPhone/iPad』やスマートフォンなどのWi-Fi接続機器とインターネットを同時に使えるようになります。価格はオープンですが、同社直販サイトでの販売価格は1680円(税込み)。

GW-USWExtreme IEEE802.11n理論値『GW-USWExtreme』は、アクセスポイント/クライアントの“Wモード”を1台で同時利用可能な無線LAN USBアダプターです。Windows XP環境下では業界初のWモードを実現しました。IEEE802.11n(およびIEEE80.211g/b)に対応しており、最大150Mbps(理論値)のスループットが可能。同規格の無線LANルーターとセットで導入することで、動画や音楽など容量の大きいデータのダウンロードやオンラインゲームを高速環境で楽しめます。

IEEE802.11n アクティブエコ機能『PSP』など、家庭用ゲーム機向け人気ソフトウェアをインターネット経由でプレイできるソフトウェア『XLink Kai』に正式対応。自宅にいながら遠くに住む友達や、世界中のプレーヤーとオンラインで対戦・協力プレイを行えます。また、使用状況に合わせて、自動的に消費電力を調整する『アクティブエコ』機能を搭載。無線LANの通信状況に合わせて自動的に消費電力を調整します。

『WEP 64/128bit』『WPA-PSK』『WPA2-PSK』によって通信データを暗号化するため、セキュリティ面でも安心。無線LAN子機として、パソコンと無線LANアクセスポイント間を通信するインフラストラクチャモードと、パソコン同士を通信するアドホックモードに対応しています。人体の健康や環境への負荷を抑えるために有害物質の使用量を規制するRoHSに対応。サイズは、W14.9×H7.1×D18.5mm、重さ約2g、小さくてもよく働く無線LANアダプターです。
 
 

■関連記事
パソコンが無料アクセスポイントに! 1円玉サイズの無線アダプタ『LAN-W150N/U2KT』発売へ
NTTドコモ向けポータブル無線ルータ『ポータブルWi-Fi』はバッファローから6月24日に発売へ
超小型リーズナブル! かんたんにWi-Fi環境を作れる小さな無線LANルーター
アップル『MacBook Air』をフルモデルチェンジ 8万8000円からの11インチも追加
『iPhone 4』を自転車のGPSナビやムービーカメラに! 取り付けキット『PIP-JTK1』発売へ