住江織物 JAPANTEXブーステーマは「感性と環境のインテリア」

写真拡大

住江織物グループでは、JAPANTEX2010にて、「KKR+A(健康・環境・リサイクル+アメニティ快適)の理念のもと、スミノエの商品開発の裏側には常に“環境配慮”がある」という考え方を表現すべく、感性と環境のインテリア」をテーマにブース展開する。
各コーナーで統一したアクセントカラーを用いながら、環境対策とそれにつながる機能性を、ビジュアルイメージを用いながら分かりやすくご紹介、全体を通して「デザイン性」「開発力」「環境配慮」が感じ取れるようなブース構成となる。
具体的な出品商品は、「moDE S カーテンvol.5」「DESIGN LIFE エディション4」「HOMEビッグサイズラグ」「HOMEラグマット」「タイルカーペット SG-300・400」など。
住江織物のブースナンバーは1-44、ルノンブースは向かい側の1-43。