【読む新刊ラジオ】自衛隊、暴かれた“謎の組織”の謎

写真拡大

 本書『日米秘密情報機関 「影の軍隊」ムサシ機関長の告白』(平城弘通/著、講談社/刊)では、自衛隊で数々の役職を経験されてきた平城さんがかつて所属していた自衛隊の「ある部隊」の全貌を、史上初めて明らかにしたドキュメンタリーです。その部隊とは「陸上幕僚監部第二部別班」。通称「ムサシ機関」と呼ばれていました。
 ちなみにこの部隊、最近まで国が「存在しない」と言い続けてきた部隊でしたが、今年2010年の8月1日、朝日新聞のスクープにより、実在していたことが明らかになったのです。

 本書は、部隊の存在が明るみに出てしまった今、当時秘密であったが故に疑いをかけられた事件の真相や、情報活動への間違った認識を残さないためにと、平城さん自身がすべてを明かすことにしたというものです。

 ではこの「ムサシ機関」はどのような活動をしていたのでしょうか。
 専門知識と用語がたくさん出てくるので、詳しく知りたい方は実際に読んでもらうのをお勧めしますが、簡単に言えば「情報収集」と「秘密工作」です。

 各国の情勢や軍事関係の情報を収集・分析し、対策や戦略を練る任務。そして密偵の様に市政に潜り、危険分子や組織の状況を調査する任務をしていたそうです(一般的なスパイのイメージよりかなり地味な活動だったらしいです)。

 その任務の性質上、また平城さんの「情報マン(機密情報を扱う任務を負う人)の在り方」という信条などもあって、ずっと影の部隊として隠されてきたようです。

 もっと詳しく知りたい方は【新刊ラジオ】にて本書のダイジェスト番組を放送しているので、ぜひ聴いてみてください。
(新刊JP編集部)


【関連記事】 元記事はこちら
報道されない中国人の本音
世界に認められた日本のすごい技術
【読む新刊ラジオ】“天才は早熟”は間違い?
【読む新刊ラジオ】情報伝達力を劇的に高めるコツ
【読む新刊ラジオ】人から好かれたいなら身につけるべき習慣とは?

【新刊JP注目コンテンツ】
言いたいこと、本当に伝わっていますか? 「言いたいことがキチンと伝わる説明力の基本」特集
珍名奇名大集合!日本タイトルだけ大賞2010