“ケイドロ”遊び専用レーダー『ケイドレーダー』は10月30日に発売

写真拡大




『東京おもちゃショー2010』の記事で第1報をお伝えした、警察と泥棒に分かれて遊ぶ鬼ごっこ“ケイドロ”遊び専用レーダー『ケイドレーダー』の発売日が10月30日に決定しました。ハピネットが全国の玩具店、雑貨店・量販店、家電量販店で販売し、価格は2709円(税込み)です。

『ケイドレーダー』は、本体を腕時計のように装着して、レーダーとして使えるガジェット。時間やアイコン、メッセージを表示する液晶モニタ、電波レベルメーターと残り時間5分を知らせるシグナル、3コの操作ボタン、音量調節スイッチを搭載しています。最大30mまでの範囲に相手がいると5段階のシグナルで知らせてくれるので、見えない位置にいる相手と手に汗握る攻防を繰り広げられるという仕組み。

遊びの流れは次のとおり。警察役のポリスチームと泥棒役のランナーチームに分かれ、それぞれのチームでボスを決めます。次に最大120分までの制限時間、プレイエリア、ランナーの逃亡時間を決定。『ケイドレーダー』本体にポリスとランナーを識別するIDと制限時間を入力したらゲームスタート。

本体に表示される制限時間を確認しつつ、レーダーのシグナルを参考にしてポリスがランナーを捕まえていきます。制限時間が近づくと本体がカウントダウンを開始。ポリスが制限時間以内にすべてのランナーを捕まえたらポリスチームの勝ち、制限時間までランナーが1人でも逃げ切ったらランナーチームの勝ちとなります。勝ち負けの戦績は本体に記録が可能。ポリスとランナーの属性別に、勝ち数に応じたランクが表示されます。1チーム20人、最大40人まで同時にプレイできます。

“ケイドロ”は地域によって“ドロケイ”“ドロジュン”“タンテイ”“アッカン”といった呼び方があり、広く親しまれている遊び。大人でも童心に返って遊んでみたい! という方もいるのではないでしょうか。ガジェット通信では『ケイドレーダー』をハピネットさんにお借りして、近々実際に遊んでみる予定です。レビュー記事をお楽しみに!

『ケイドレーダー』主な仕様
本体サイズ:W40×D66×H23mm
電源:コイン電池(CR2032)1コ付属
カラー:ラファーガ・ブラック、ティーダ・レッド、アエンカ・ホワイト、ショア・ブルー

ショア・ブルー
アエンカ・ホワイト
ティーダ・レッド

■関連記事
【東京おもちゃショー2010】“ケイドロ”遊び専用レーダー『ケイドレーダー』
元祖タブレットと合体!? 『iPad』をお絵かきボードにしちゃう『Etch A Sketch iPad ケース』
机に置きたい! タミヤの“ツインスター”をデザインした立方体型ブロックメモ
“変身”するミニカー『VooV』の大型プレイセット『【VB01】 超BIG変身!! パトカー〜トレイン』発売へ
【タカラトミーグループ商談会】これで“ちょい足し”も思いのまま! お菓子をフリカケに変えてしまう『おかしなフリカケ』