街はゾンビパラダイス 「デッドライジング2」

写真拡大

どう見ても工作員?ライトセーバー、ドリラー、ウルヴァリンの爪など、チャックが作成できるコンボ武器が多彩すぎる!ゾンビが徘徊する街で、愛娘にゾンビ化を防ぐ薬を打ち、人助けをしながら、ゾンビ共を蹴散らしていく。しかも、気がつけば、巨大な陰謀に嵌められる主人公チャック。

だが、彼には街に落ちている、または、店に並んでいる様々な商品を使って、新しい武器を造り出す才能があった。そんなチャックの活躍が知りたければ今作「デッドライジング2」をやるといい。

今作はカプコンから、発売されており、週刊ファミ通の調査によると、すでに15万本以上の販売実績を誇る。機種は、PS3、Xbox360版。価格は7.989円(税込)。ただし、18歳以上のみが購入対象となっている。デッドライジング2はすでに海外でも発売されていて大ヒット。それをカプコンが日本語版として9月30日に発売した。

カプコンのゾンビゲームと言えば、バイオハザートシリーズを思い浮かべるプレイヤーが多い思われるが、デッドライジングは、むしろ、大量のゾンビを倒すことの爽快感などを重視している。恐怖を感じる世界ではあるが、バイオのようなホラーではない。今回はこのデッドライジング2の魅力に迫りたい。

デッドライジング2

どんなゲームかは動画を見て確認してもらいたい。実際、数多くのプレイ動画があるので、全部は紹介しきれない。なので、これが面白いと思ったのを厳選していく。

Dead Rising 2 - Official Trailer [HD]


公式オフィシャルトレーラー。再生数は何と280万回を超えているのだが、動画を見れば納得行くだろう。デッドライジング2には、日常にある物のほとんどが武器として使える。

野球のバット、ギター、ヌイグルミなど、まだまだ序の口。ブランカ、弓矢、CD、カジノのチップ、皿、トランプといったものまで登場する。また乗物も、バイクや、スケボーを始め、車椅子、スポーツカーなど様々だ。

次にコンボ武器動画を見て欲しい。デッドライジング2の魅力は、先ほどの武器を組み合わせて、また新しい武器を作れることにある。

Dead Rising 2 Weapons Combo Demo by GameSpot


工房で作成した武器はゾンビを使ってこうやってすぐに試すことができる。適当に組み合わせるだけで新しい武器が作れてしまうので種類は非常に豊富。また、どの武器でゲームをクリアするかも自由だ。ナイフ1本でボスを倒すことができたりする。もちろん、プレイヤーには相応の技量が要求される。

最初は、HPも、持ち物持てる数も少ないのだが、レベルが上がるにつれて増えていく。時間制限があるので、人助け、サイコパスなどのミッションを全部こなすのは難しいのだが、実は強くてニューゲームもできる。

つまり、レベル、覚えた能力で持ち越しで最初から始めることもできるので、最初は物語を楽しんで、二週目から人助け、サイコパスミッションをこなしていったり、弱い武器でどこまで行けるかなどのやりこんでいくのもありだろう。

*サイコパスとは、各ステージのボスのこと。普通のゾンビとは違い、かなり狂っていて、非常に手強い存在。

Point of view18歳以上対象で、プレイヤーを選ぶゲームではあるが、そういうのが平気な人にはお勧めしたいゲームだ。ゾンビを蹴散らして、愛娘を守り抜く。昼間のゾンビはたいしたことないが、夜になるとゾンビは凶暴化するので、気を付けて欲しい。

▼外部リンク

詳細ページ


■関連記事
携帯で全国の駅のスタンプ収集!「わたしの旅スタンプ モバイル」登場
PS3「トルネ」42万台突破!
アトラス「キャサリン」オープニングムービーが公開!
「レイトンVS逆転裁判」まさかのコラボか!?
ニンテンドー3DSで驚愕のコラボ! 『レイトン教授VS逆転裁判』