韓国で女性教師と教え子の不倫発覚、ネットには教師の個人情報などが流出した

写真拡大

韓国で30代の女性教師と教え子である中学3年生の男子生徒との不倫関係が発覚した。韓国のネット上はこの話題で持ち切りとなっているが、数日前から女性教師らの個人情報が漏れ始め、二次被害を憂慮する声が出ている。

ソウルの江西(カンソ)警察署によると、某中学校に務める女性教師(35)は10日午後12時ごろ、自身が受け持つ中学3年生の男子生徒(15)と、ソウル永登浦(ヨンドゥンポ)駅地下駐車場に停車した車内で、性的関係を持った。しかし、二人の秘密の関係は、教師が生徒に送ったメールを、生徒の母親が見つけたことにより発覚。メールにはその日の情事に対する感動が書かれていたそうで、これを不審に思った母親が警察に通報した。

警察の調べに対し女性教師は関係を認め「互いに同意の上で性的関係を持った」と供述。二人の間に金銭のやりとりは無く、あくまでも恋愛感情であったと主張した。韓国の刑法によると、相手が13歳未満である場合、相思相愛であっても性的関係を持てば罰せられる。しかし、今回のケースは男子生徒が15歳であるためこれに当たらず、女性教師に対し刑事処罰は下されないという。

だが、「刑事処罰無し」に怒ったのが韓国ネチズンたち。ふたりの年齢差が20歳もあることや、教師と教え子という関係であることから「道徳的に問題」だと指摘するコメントが殺到。徐々に女性教師や男子生徒の個人情報が漏れ始め、学校名や顔写真、ミニブログの住所なども急速に拡散した。さらに事件とは関係ないはずの女性教師の夫の個人情報まで流出し、現在、深刻なサイバー暴力へと発展している。

韓国のメディアは「身辺情報を公開する行為は刑事処罰を受ける」とネチズンに注意を呼びかける記事を掲載し「虚偽事実や、事実だとしても他人の名誉を毀損(きそん)するような内容を示すと、刑法第307条名誉毀損罪により2年以下の懲役または500万ウォン以下の罰金に処される」と警告した。


参照:「サイバーキル」教え子と性的関係を持った教師の夫まで「身辺情報流出」 - ソウル新聞

(文:林由美)

■【韓フルタイム】とは……
【韓フルタイム】とは韓国に特化した情報を提供する媒体です。
韓国に詳しい専門の日本人記者が取材、執筆を行っております。
韓国中心の出来事をいち早くお届けできるように頑張っていきます。