海外のゲームサイトが『FF14』を動画で大酷評レビュー! 「この状態での発売は罪深い」「支離滅裂」

写真拡大




海外の大手ゲームサイト『gametrailers』がスクウェア・エニックスの最新MMORPG『ファイナルファンタジー14』を動画にて大酷評している。その動画は日本語字幕が付けられ『ニコニコ動画』にも公開されている。

動画の内容の一部を抜粋する形で紹介したいと思う。

「スクウェア・エニックスはMMO分野に大作を投入。伝統あるファイナルファンタジーシリーズ旗艦作が、大作ひしめく分野に登場。前作11のような名作なのか、または失敗作なのか?」

と冒頭はこのような感じで始まっている。やはり海外でもファイナルファンタジー14は大作という扱いを受けているようだ。

・物語は弱い 普段の作業が長いので話の本筋は忘れてしまう
・“疲労度”があるため職業の変更を迫られる。特定の職業に特化できない。
・育成には多くの無駄な作業を要する。
・移動時間の長さは尋常ではなく、段差超え、高速移動は未実装
・既に行った場所にはワープ出来るが、“アニマ”が足りない
・クエストはさらに欠陥が多い。1日に受注できる制限があり、再受注までが異常に長い。
・アイテムの検索がないので、大量のNPCを1人ずつ手動で確認する羽目に。
・“メール”は未実装 パーティ・連絡は可能だがユーザーインタフェースが酷い。
・フレンドリスト未登録なら遠くの人とパーティを組めない。特定の人を捜すのは面倒だ。
・未完成品だ
・移動・戦闘はペースが遅い
・ユーザーインタフェースは反応が鈍く非直感的
・見えない壁、低い段差が行く手を阻む
・バグも多い 敵は自動回復したり戦闘中に狙えなくなる
・支離滅裂だ
・採掘や釣りは楽しめる
・退屈な上にゲーム作品として破綻している
・最終製品として許される水準ではない
・映像は美しい   高性能PCがあればの話だが。
・美しさには仕掛けがある   多くの物体が再利用されている
・似たような場所を通り続けるのは退屈だ
・植松伸夫の音楽だけは長所。場所と雰囲気に合う。


以上のコメントは『gametrailers』のレビュー動画内に書かれているものだ。そして動画の締めには以下の様に書かれている。
「本作は商品の水準に達していない、パッチで直すにしてもこの状態での発売は罪深い。時間と金を費やすのは他の良作MMOにすべき」
としてレビューの総合得点では4.2スコアをつけている。ちなみに10点満点だ。
10点満点中4.2スコア! ※動画より引用
9月30日に発売された『ファイナルファンタジー14』だが来年にはプレイステーション3版の発売が控えている。それまでにあらゆるユーザーの要望を修正したものをリリース出来るのだろうか。

上記『gametrailers』の酷評にもあったようにまだまだ商品としての水準に達していない作品だが、ファンを裏切らない為にも修正パッチで対応して欲しいものだ。

画像:FF14 レビュー翻訳(ニコニコ動画)より引用

■関連記事
レベルファイブ『レイトン教授vs逆転裁判』を発表 機種はニンテンドー3DS
行方不明になっていた2ちゃんねるの有名アイドル“ぼっさん”の書き込みを確認! 本当に本人なのか?
好きな子にメールを送っても返ってこない! そんなときの行動「センター問い合わせ」「相手のブログをのぞく」
日本の大規模尖閣デモを完全スルーしたマスコミ達 「中国の反日デモは大々的に報道するよ!」
若い者よ聞け!昔のインターネットはこんなんだったんだぞ! という懐かしい話