読書のすすめ 井手良平さんに聞く『仕事も日常も、マンガで高めよう! ビジネスマン必読の3冊』
 世の中にはあんな本やこんな本、いろんな本がある。そのテーマも十人十色。「感動したい本が読みたい!」「思いっきり怖い本を味わいたい」と思っても、 どんな本を選べばいいのか分からない! とお悩みの方も多いはずでは?
 そんなときにあなたの味方になるのが書店員さんたちだ。本のソムリエ、コンシェルジュとしてあなたを本の世界に誘ってくれる書店員さんたち。
 そんな彼らに、テーマごとにお勧めしたい本を3冊答えてもらうのが毎週水曜日に配信する、この「わたしの3冊」だ。 【「わたしの3冊」バックナンバーはこちらから】

 今月のテーマは『仕事も日常も、マンガで高めよう! ビジネスマン必読の3冊』。
 今回登場してくれた東京・江戸川区の「読書のすすめ」の井手さんはどんなマンガを紹介してくれるのか?


◆『君に届け』

著者:椎名軽穂
出版社:集英社
定価(税込み):420円(第12巻)

 「最初は、娘に頼まれて買いに来ていたんだけど、娘に読んでみて!と言われて、ちょっと読んでみると・・・、私のほうがはまっちゃってね(笑)それと、このマンガの話題で若い女性社員とも話ができるようになったんですよ。内容も、人の素直な部分を表現してくれているマンガで、すごく癒されています。たまには、少女マンガもいいもんですね。」
と、レジの前で話してくれたのは『君に届け』の発売日になると、必ず来てくれる30代の男性のお客さまです。“読書のすすめ”の場合、『君に届け』の新刊が発売すると、女性のお客さまより男性のお客さまの方が多く買って行かれたりします。どうしてだろう?と不思議に思っていたら、こんな素敵な話しを聞いちゃいました。
個人的には、『サラリーマン金太郎』が大好きで、少女マンガなんて読まない主義なのですが、こんな素敵な話を聞いた以上は、読まずにはいられません。早速、自分で購入して読んでみました・・・。
映画化された理由がよくわかりました。男性でも楽しめます。それに、女性とのきっかけ作りにも最適の少女マンガです。


◆『俺はまだ本気出してないだけ』

著者:青野春秋
出版社:小学館
定価(税込み):620円(第1巻)

 本屋に勤めていると、リアルタイムで新しい本と出会います。流行っている本の傾向もわかります。何より、うちの本屋はお客様と直にお話しさせてもらうので、時代の縮図を感じることができます。日本人というと“勤勉”だというイメージを外国の方に持たれるらしいですね。それを象徴する言葉として、日本にはこんな言葉があります。「今日できることを、明日に延ばすな!」何とも、日本人らしいですね。ちょっと海を越えてトルコという国に行きますと、こんな言葉があります。「明日できることを、今日するな!他人ができることは、自分でするな!」聞いてビックリ!日本人と真逆ではないですか!世の中には、色んな文化があります。本当は、どんな生き方が幸せなんでしょうね・・・。
 さあ、そんな肩肘張ってないで、もっとゆる〜くなってみませんか!?


◆『イーハトーブ農学校の賢治先生』

著者:魚戸おさむ
出版社:小学館
定価(税込み):1300円

 日本人なら、“宮沢賢治”という名前を一度は聞いたことはあるはずです。だけど、どんな人だったのかを知っている人はほとんどいないと思います。このマンガには、“宮沢賢治”が先生をやっていた大正時代のエピソードが詰まっています。大正時代の教師といえば、どんなイメージを持ちますか?“厳しい”“怖い”“暴力”などというイメージがわかないでしょうか!?この“宮沢賢治”先生はそのイメージとは全く真逆でした。生徒が授業に集中できなければ、チョークを投げる!のではなく、そのチョークを噛み砕いて、自分の不甲斐なさを責めていたんです。大正という時代に、こんな学校の先生がいたなんて、つくづく驚きの連続でした。このマンガは、現代の悩める中間管理職の皆さん!におススメです!“宮沢賢治”先生が、その悩みを解くヒントを与えてくれます。ちなみに、それは“読書のすすめ”のお客さんが実証済みですので間違いありません。発行部数が少ないですので、早めにお買い求めくださいね!

◇   ◇   ◇

【今回の書店】

■読書のすすめ

都営新宿線篠崎駅北口を出て右側の大通りを直進、二つ目の信号を右折してすぐ。
店内に入れば、あなたにピッタリの一冊がきっと見つかるはず。

■フェア情報

「読書のすすめ」は2010年国民読書年記念事業/NPO法人読書普及協会設立7周年記念事業「本博」を応援しています。
「本博」の詳細は下記URLよりご覧になれます。

http://honpak2010.iiyudana.net/

ご来場お待ちしております。

■住所:東京都江戸川区篠崎町1-403-4
TEL:03-5666-0969

■アクセス
都営新宿線篠崎駅より徒歩5分

■営業時間
10:00〜22:00

■ウェブサイト
http://dokusume.com/modules/store/


【関連記事】 元記事はこちら
出稼ぎに行ってしまった年収29万円の貧乏社長の“その後”
会話の間が持たない人のための3つの方法
読書のすすめ 井手良平さんに聞く『社長になりたい人に読んでほしい3冊』
読書のすすめ 井手良平さんに聞く『仕事の極意はスポーツ選手から学べ、プロの極意がわかる3冊』
読書のすすめ 小川貴史さんに聞く『この作家は、まずはこの本から読め!』

【新刊JP注目コンテンツ】
あなたの恋愛、応援します!織田隼人特集!
新刊JP編集部・山田が挑戦!?「タオルを使って腰痛対策」