10月21日にムック本『結婚、する?』(朝日新聞出版)が発売される。これはAERA編集部が作るムックで、リクルートの結婚情報誌『ゼクシィ』との初のコラボ本。秋のウエディングシーズンに合わせて出版される。

 AERAの公式ブログには、「AERAとゼクシィが『結婚』しました!」と題した記事が掲載され、二つの媒体の"結婚"にはいろいろな障害があったことが記されている。

 「ゼクシィといえば、花嫁のバイブル」とした上で、「一方、アエラは、『負け犬』『婚活』など結婚にまつわるトレンド」を追い、「『40代vs20代の婚活闘争』といった、ちょっと怖めの記事」や「セックスや不倫などリアルラブの取材」を得意としていると自己分析。

 そんな2誌のコラボには「意見のすれ違いや苦労もありました」、「お互いの話を聞き、価値観を少しずつすり合わせ、ひとつの形を作り上げて」いったとのこと。まさに結婚の道のりそのもの。

 主なテーマを見てみると、「スペック婚から誓い婚へ」「勝間和代の結婚経済学 結婚生活とはM&Aである」「干物女ですが、ケッコンできますか?」といったAERA主導と思われる記事に対して、「Abu Dhabi Honeymoon」「ケッコンとシアワセとワタシ」「オレたち、花婿男子!」「結婚トリビア〜21世紀、結婚式の新常識!」からは、ゼクシィらしい雰囲気が感じられる内容。

 出版界も最近はコラボばやりだが、雑誌媒体同士の共同作品はめずらしい。読者にとっては、おいしいとこどりの企画となっている。



『結婚、する?』
 著者:
 出版社:朝日新聞出版
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
トヨタ車の急加速報道に隠された意図とは?〜『人生を劇的に好転させる自己洗脳ルール44』(2010年10月11日05:57)
若者のコミュニケーション能力低下は本当?〜『そのやり方では、もう部下はついてこない!』(2010年10月10日05:55)
「非難病」患者の特徴とは?〜『不幸になる生き方』(2010年10月9日19:23)


■配信元
WEB本の雑誌