カシオが屋内でも測位可能な『ハイブリッドGPS』を搭載した『EXILIM EX-H20G』を発売へ

写真拡大

カシオ計算機は、屋内でも位置情報を測位できる『ハイブリッドGPS』を搭載した『EXILIM EX-H20G(以下、EX-H20G)』を11月26日より発売します。『ハイブリッドGPS』と内蔵地図データにより、自分の居場所や撮影した写真を本体地図上に表示可能。“旅のすべて”を記録できるデジタルカメラです。

『EX-H20G』は、同社独自の低消費電力技術を駆使し、GPS機能とモーションセンサーによる自立測位を組み合わせた『ハイブリッドGPS』を搭載。デジタルカメラとしては初めて屋内での位置情報測位を実現しました。また、世界の地図データと約1万点の観光地撮影スポット情報、約100万件の地名情報を収録。本体地図上に、自分の居場所や撮影した写真/動画を表示したり、日付や時刻とともに地名を写真に焼きこむこともできます。

3.0型高性能クリア液晶ディスプレーを搭載。広角24mmからの光学10倍ズームレンズは、『プレミアムズーム(シングル超解像)』と組み合わせて、1410万画素の画質を保ったままで最大15倍までズーム可能です。また、シャッターを押すだけで美しい写真が撮れるフルオート機能『プレミアオート』、360度撮影可能なスライドパノラマなど、旅先での貴重な瞬間を切り取る機能も盛り込みました。

旅先で撮影した写真は、『Picasa』や『Google Earth』などの位置情報に対応する付属ソフトウェアを使って、訪れた場所と写真を関連付けることもできます。旅の思い出を記録し帰ってからは位置情報と共に再現する、カメラを使った新しい旅の楽しみ方ができそうです。カラーはシルバーとブラック、サイズはW102.5×H67.5×D28.8mm、重さは216g(電池、メモリーカード含む)、価格はオープンです。
 

■関連記事
ゴルフのスイングチェックに! カシオがハイスピードデジカメ『EX-FC160S』発売へ
ソニーのレンズ交換式デジタル一眼『NEX-3』に新色のピンクが登場
『iPhone 4』のカメラに魚眼や望遠レンズを! 撮影補助レンズキット『PIP-CK4』シリーズ発売へ
単3乾電池対応で最高クラス1400万画素デジタルカメラ 『FinePix AX250』発売へ
ニコン『COOLPIX』シリーズの新製品 『S80』『S8100』『P7000』をまとめて紹介