アーティストD[di:] を起用し?モノとしての美しさ”を追求したヘッドホン『TH-5B/7B』発売へ

写真拡大




フォステクスカンパニーは、同社の定番ステレオ・ヘッドホン『T-5M/7M』をモデルチェンジ。パッケージとカラーデザインには、作家・イラストレーターとして活躍するD[di:](ディー)氏を起用し、より心地よくスタイリッシュにした『TH-5B/5W/7B』を11月1日より発売します。どこか“タダものではない感”をただよわせるこのヘッドホンについて、同社商品企画担当さんのお話を伺ってみましたよ。

『TH-5B/5W/7B』は、モニターとしての基本性能とコストパフォーマンスを両立させた、定位に優れたセミオープン・タイプのステレオ・ヘッドホン。15年間にわたって愛されてきた同社のロングセラー製品『T-5M/7M』の性能をそのまま受け継ぎながら、より着け心地よいフォルムとデザイン性を追求してモデルチェンジしました。パッケージデザインとカラーリングデザインには、『キぐるみ』『ファイアースターマン日記』などの著作で作家・イラストレーターとして活躍するD[di:]氏を起用。シンプルながら、ハッとさせられるデザインに仕上がっています。

TH-5W同製品の企画を担当した山口創司さんにD[di:]氏の起用理由を聞いてみると「男性向け、女性向けと限定しないで、ユニセックスでスタイリッシュなものにしたかったんです。また、キャラクター的なものでなく、写実的でありつつポップさな動物の絵を使いたかったので、D[di:]さんならイメージに合うものを描いてくれるだろうと思いオファーしました」とのこと。たしかに、パッケージの動物の絵には、思わず手に取りたくなる親しみやすさがあります。

TH-5B / TH-5Wまた、「一過性のものでなく、スタンダードモデルのリニューアルですから、普遍的なデザインにしたかったということも、D[di:]さんを起用した理由」だったそうです。本体には「光の加減で見える程度」にさりげなくロゴを配置。「ふだんから、デザインのきれいなヘッドホンでも企業のロゴが大きすぎると『ロゴがなかったら欲しいのに』と思うことがあります。スタイリッシュさを追求するために、モノとしての美しさを優先するようにお願いしました」。

TH-7B身につけて使うヘッドホンだからこそデザインにこだわりたい人たちにぐっときそうなモデルです。モデルチェンジにあたっては、ヘッドパッド、イヤーパッドを肌触りよい高級合皮素材にして耐久性も向上。頭部への“当たり”を見直して、女性にも着けやすいようフィット感を改善しています。また、コード長は外出時の使用で使いやすい1.2m(ステレオミニプラグ)に変更しましたが、楽器やDJミキサーでの使用を考慮して1.5mプラグ変換(ミニ→標準)延長ケーブルを付属しました。

KOTORIちなみに、山口さんは世界初のカスタムヘッドフォンブランドとして話題になった『KOTORI』の企画担当者でもあります。楽しく、美しいモノづくりに取り組む山口さんの今後のお仕事が楽しみですね。価格は『TH-7』は8925円と据え置き、『TH-5(B/W)』は6825円(いずれも税込み)とよりリーズナブルになりました。カラーは『TH-7』がブラックのみ、『TH-5』はブラックとホワイトの2色で展開します。
 
『TH-7B』の主な仕様
形式:セミオープンダイナミック型
ドライバー:φ70mm
再生周波数帯域:20〜2万Hz
インピーダンス:70Ω
感度:98dB/mW
最大入力:100mW
本体質量:約260g
ケーブル長:1.2m(Y型タイプ)
プラグ:ステレオミニプラグ
付属品:1.5m延長ケーブル変換アダプター
 
『TH-5B/TH-5W』の主な仕様
形式:セミオープンダイナミック型
ドライバー:φ50mm
再生周波数帯域:20〜2万Hz
インピーダンス:44Ω
感度:96dB/mW
最大入力:100mW
本体質量:約250g
ケーブル長:1.2m(Y型タイプ)
プラグ:ステレオミニプラグ
付属品:1.5m延長ケーブル変換アダプター
 
 

■関連記事
自分色にカスタマイズ!ウェブ上でカラーコーディネートできるヘッドホン『KOTORI』
マイクも搭載 『iPhone』などスマートフォンの音楽&通話をおしゃれに楽しむBluetoothヘッドホン
『iPhone/iPod』などの音質を向上するサブウーファー『ZO Personal Subwoofer』
CMにレディー・ガガを起用して大攻勢! KDDIが『Android au』の新スマートフォン『IS04』『IS05』『IS06』を一挙発表
KDDIが最新のAndroid 2.2搭載の7インチタブレット端末『SMT-i9100』を発表! いろいろ触ってみました