KDDIが最新のAndroid 2.2搭載の7インチタブレット端末『SMT-i9100』を発表! いろいろ触ってみました

写真拡大




KDDIは、10月18日に開催したau向けスマートフォンと携帯電話の冬〜春モデルとなる新製品の発表会で、Android 2.2を搭載する7インチのタブレット端末『SMT-i9100』を2月下旬以降に発売することを発表しました。LAN接続のみに対応し、auの回線による3G接続はできませんが、auのスマートフォン『ISシリーズ』ユーザーが使いやすいように国内向けにカスタマイズされたAndroidタブレットとなっています。

※写真が一部しか表示されない場合はこちらをご覧ください



発表会で大々的に発表
最新のAndroid 2.2がプリインストールされ、『Flash Player 10.1』に対応。パソコン用Flashコンテンツが再生できます。ディスプレーは1024×600ドット、7.0インチの静電式マルチタッチディスプレーを採用。無線LAN接続に対応し、自宅だけでなく外出先でもネット接続端末として利用されることを想定しています。屋外では公衆無線LANや、同日に発表されたモバイルルーター『Wi-Fi WALKER DATA05』、モバイル無線LANターミナル『Nex-fi』を使った接続を提案しているようです。

同じサムスン電子製で、NTTドコモが発表したAndroidタブレット『GALAXY Tab』と似ていますが、「CPUから何から別の製品」(説明員)とのこと。Ocean Observations社がデザインしたユーザーインタフェースを採用し、モリサワフォントをインストール済み。ユーザーインタフェースは、auのAndroidスマートフォン『IS01』とほぼ同じで、auユーザー向けにカスタマイズされた端末であることが分かります。ほかにもauユーザー向けに、ホーム画面には携帯電話端末の位置確認ができる『安心ナビ』の『パソコンで位置確認』、カスタマーサポートサービス『auお客様サポート』のショートカットを設置しています。

専用のクレードルが付属します
片手で扱えるサイズ
タッチ&トライコーナーで触ってみたところ、『GALAXY Tab』よりは少し大きいサイズながら、片手でも扱えるサイズ。専用のクレードルに設置して机の上で使ったり、外して持ち歩いたりするのにちょうどよいサイズに感じました。

『Androidマーケット』は「動いちゃったんです」
デモ機にはマーケットアプリ『Androidマーケット』がインストールされていました。Googleはノートパソコンやタブレットなど、スマートフォン以外の端末には『Androidマーケット』をライセンスしていないはずなのですが、どういうことなのでしょうか。『GALAXY Tab』は、3G回線による接続と通話機能をそなえているため、“スマートフォン”として『Androidマーケット』が利用可能になっていたはず。説明員の方に聞いてみたところ「我々も(筆者と)同じ認識なのですが、インストールしてみたら動いちゃったんです」と神妙な顔。アプリのダウンロードとインストールも可能だったそうです。このことは極最近、Googleがタブレット端末へのライセンス条件を緩和した、ということを示すのかもしれません。「もちろんGoogleの“CTS(Compatibility Test Suite)”認証を受けるつもりです」(説明員)ということなので、いずれにせよ発売時には『Androidマーケット』が利用できる状態で出荷されることになりそうです。

『ニコニコ動画』はコメントがきれいに表示されます
『Flash Player 10.1』の動作を確認するために、今度は『ニコニコ動画』で動画を再生してみました。動画もコメントもスムーズに再生されるのはもちろんですが、コメントの文字がモリサワフォントで非常に読みやすく、きれいに表示されていることが印象的でした。『ニコ動』ユーザーも快適に動画や生放送の視聴に利用できそうです。


『SMT-i9100』による『ニコニコ動画』再生の様子はこちらからご覧ください。
SMT-i9100でニコ動再生できるか試してみた(KDDI新製品発表会2010年秋冬)(ニコニコ動画)
http://www.nicovideo.jp/watch/1287392742

『SMT-i9100』主な仕様
サイズ:W199×D13.9×H129.5mm
重量:約450g
通信方式:Wi-Fi
無線LAN規格:IEEE802.11b/g/n準拠
ディスプレー:約7.0インチ 1024×600ドット
本体メモリー:512MB(RAM)、4GB(Flashメモリー)
外部メモリー:microSD/microSDHC(2G〜32GB)
カメラ:200万画素 CMOSカメラ
連続使用時間:約2時間(暫定値)
連続待ち受け時間:約12時間(暫定値)
充電時間:約6時間(暫定値)
Bluetooth:2.1+EDR
外部インタフェース:micro USB 2.0
スピーカー:定格入力 1W+1W(ステレオ)
付属品:クレードル、ACアダプター
価格:オープン

■関連記事
CMにレディー・ガガを起用して大攻勢! KDDIが『Android au』の新スマートフォン『IS04』『IS05』『IS06』を一挙発表
最新のAndroid 2.2を搭載したドコモのスマートフォン 4インチ液晶の『GALAXY S』とタブレット型の7インチ『GALAXY Tab』の2機種を発表
Android 2.2搭載タブレット『LuvPad AD100』の発売が10月末に延期へ
『Android au』第1弾となる『IS03』を発表 『おサイフケータイ』にも対応する“1台持ち”に向けたスマートフォン
【CEATEC JAPAN 2010】9日は入場無料! 最新のAndroid端末をチェックしよう