朝一番から電波びんびんHOTな話題ワードをテーマに文章綴る。寝惚けた頭に目覚めの一発。日々命題第110回目のテーマは「オリオン座流星群」だ。

オリオン座流星群が来たる10月23日午前1時頃に活動ピークを迎えると言われている。オリオン座流星群はオリオン座の右腕あたりが観測の中心地点になるのでお時間のある方は眺めてみては如何だろうか。

 しかし、10月23日では月明かりが眩しい。微かな発光では掻き消されてしまうだろう。願わくば強い発光の流星ばかりが流れることを祈りたいところだ。先日放送された月9のタイトルも「流れ星」であり、今月は流星の月なのかもしれない。

 この記事の読者諸君は、流星群を眺めたことはあるだろうか。筆者が生まれてはじめてみた流星群は獅子座流星群だったように思われる。違ったかも知れないが、年若きときのこのような寒い日だったのを覚えている。和歌山という田舎都市に住んでいる為、空は明るい。あの頃は今よりももっと澄んでいたかもしれない。

 ありったけの上着を着込んでモコモコ姿になると、自宅の屋上に上がった。建て増しが出来るように設計されている為に、屋根は平べったいのだ。そこに寝ころんで夜空を眺めていた。他には誰も居ない。シィー…ンと静まりかえった中、撫でる風が冷たくて痛かった。

 それでも、徐々にぬくもりに包まれ、そのまま眠りに入ってしまいそうになった。その時、夜空に一筋の光が走った。流星だった。長く糸引く流星、一瞬で消えゆく流星、光の淡いもの、激しく輝くもの、様々な流星が眼前の夜空に線を描き続けた。願い事なんてすることは思いつかなかった。ただただ、その光景に心奪われてしまっていた。

 筆者の最初の流星群の想い出はこのようなものである。その後、何度か流星群を眺める機会はあった。友人らと眺めたこともあった。しかしだ。しかし、非モテがこんなロマンチックなことをしていいのかという疑問から抜け出すことは出来なかった。そうなのだ。どう考えても、この流星群鑑賞イベントは女子とするべきである。

 しかし、未だ人生の上で流星群鑑賞イベントを女子と過ごしたことはない。大抵、真夜中なのだから当然といえば当然である。お泊まり覚悟でなければ、一緒に流星群鑑賞イベントを過ごすなんてことは不可能なのだ。我々非モテにとっては、流星群で願うべきなのは決まっているのかもしれない。

 「嫁、出てこい!そのモニターの向こう側から!!」か、若しくは「いざ行かん!モニターの向こう側へレッツゴー!!」のどちらかだ。おそらく、どちらかが最も願われている願い事であるはずだ。いや、むしろ、願われていていただかなければ困る。そんな世の中の大半はリア充だなんて認めたくない。

 しかし、クリスマスという最凶イベントを控えて、町中には手を繋いで歩くカップルが異常発生している。非モテには動きづらい季節到来である。嗚呼、全くやってられない。そうだ、こんなときこそ流れ星に願いを叶えてもらおう。非モテを代表して此処に願う。オリオン座流星群よ、願いを叶えたまえ。

「リア充、爆発しろ」


*********************************************
日々命題 バックナンバー
第105回「ノーベル化学賞」
第106回「ミッキーマウスの壁画」
第107回「藤沢とおる」
第108回「渡る世間は鬼ばかり 最終シーズン」
第109回「カスタマイズオーダー」


■関連記事
【懐かしいゲーム特集】「スーパーマリオブラザーズ」(バーチャルコンソール版)
アサヒ飲料から『白い三ツ矢サイダー』
2010年10月23日発売! コミックアライブ新刊をご案内!!
PS3『龍が如く OF THE END』 龍Tube【龍が如く公式チャンネル】がオープン
紅白声優、水樹奈々さんが赤と青のDVD/BDをリリース