2010年10月23日発売! コミックアライブ新刊をご案内!!

写真拡大

2010年10月23日されるコミックアライブの新刊情報をおとどけ! 特典などもりだくさんのコミックスを要チェックです!

コンビニロボットぽぷりちゃん?アレな美少女たちでお届けする、ちょっぴりエッチなコンビニ4コマ!
とあるコンビニで働くロボット・ぽぷりちゃんのまわりは、女の子にモテモテのイケメン美少女やエロ思考なおっさん美少女など、かなり変態な人たちばかり。そんなキャラ盛りだくさんでお贈りする、ちょっぴりエッチなハイテンション4コマ第1巻、どうぞ召し上がれ!

『ディーふらぐ!』春野友矢先生&『まよチキ!』あさのハジメ先生による応援メッセージ収録や、新規描きおろしマンガまで収録! 対象の店舗で購入すると、特典として豪華描き下ろしメッセージペーパー・小冊子・イラストカードなどもらえちゃいます。

10月27日発売のコミックアライブ12月号では『コンビニロボットぽぷりちゃん』がセンターカラーで登場です!!

©2010 Yuichi Hayashi/MF

まよチキ!?
クラスメイトの涼月奏に執事として仕えている美少年・近衛スバル。
ふとした事故により、俺・坂町近次郎はスバルの秘密を知ってしまう。
華奢な身体。かすかに漂う香り。掌に吸い付く柔らかい触……って、こいつ女の子だったのか!?
どうやら彼女は家庭の事情とやらで、女の子であることがバレると執事を辞めなくてはいけないらしい。
そんな中、奏はスバルの秘密を守ることと引き替えに、ある協力を俺に申し出てくるが……?
MF文庫Jの大人気学園執事ラブコメが、期待の新人によってコミカライズ!

あさのハジメ先生による書きおろし小説やコメントも収録! そしてコミックス帯には重大発表が…!?

描きおろし複製ミニ色紙など購入者特典、コミックス&小説連動プレゼントキャンペーンも開催決定! 連動キャンペーンでは抽選で「クリアファイル」か「きらきら光るポストカード」をプレゼント! ここでしか手に入らない超レアアイテムをお見逃しなく。

▼クリアファイル
▼ポストカード
そして10月27日発売のコミックアライブ12月号では『まよチキ!』がW付録で登場。描きおろし文庫かけかえカバー&書きおろし「まよチキ! 番外編」小冊子、さらに応募者全員サービス「まよチキ!」付録イラストQUOカードも用意してファンをお待ちしています!

©2010 neet/Hajime Asano/MF

リバース TheLunaticTaker?ハイスピードダークファンタジー第4巻!
橘怜治は、2つ年上の姉・綾香と暮らす平凡な高校1年生。だがある日、怜治と綾香は謎の腕輪を拾うのと同時に、壮絶なデスゲームに巻き込まれてしまう。二人は命を存えるために天使狩りへと向かうが、綾香は天使の攻撃により深手を負ってしまう。さらにそこへ、復讐の為に敵のテイカーが現われる。突きつけられる“死”という現実、生き延びるために甦り(テイカー)達はどの道を選ぶのか!? ハイスピードダークファンタジー第4巻!!

まりあ†ほりっく?大人気! 超絶ハイテンション学園ラブコメディ最新第7巻!
夏休み初日、宮前かなこのもとに溺愛する妹・みきが訪れる。でれでれするかなこに向け、みきから発せられた真実は……。さらにみきの意外な告白を聞いたかなこは鞠也の秘密を……。そしてあの石馬隆顕先輩の許嫁も登場!! その許嫁はなんと小学生!!――百合趣味少女×女装ドS少年のハイテンション学園ラブコメディの最新7巻は夏休み編でお贈りします!!

専門店にて購入された方に、描きおろしポストカードをプレゼント! 詳細は店頭でお確かめ下さい。

ささめきこと ?優しく、そして刺してくる――恋する気持ちを綴る学園ドラマ、第7巻!

遂に想いが通じ合った純夏と汐。二人の様子を見て、自身の変化に気付くマユとそれを見つめる恋乃……。「いつもまっすぐ感じたまんま」恋乃の言葉に、決意を固めるマユ。季節は秋となり、純夏は生徒会長選挙に立候補することになるが、対立勢力が純夏の評価を下げるために怪しく蠢く。想うことを描いた学園ドラマ、ささめきは次第にざわめきへ――。
『ささめきこと』コミックス?巻発売記念!

そしてかーず&ノトフをインタビュアーに迎え、いけだたかし先生と志村貴子先生(『青い花』『放浪息子』)の対談が実現! 作品を作る上でのスタンスから、お互いの作品についてまでガッツリ語って頂いた内容はかなり読み応えあり!

そんな先生たちの対談をちょこっとだけ公開しちゃいます!

志村貴子先生×いけだたかし先生対談
―――『ささめきこと』のどんなところが気に入りましたか?

志村:コメディとシリアスのバランスが凄いと思います。ドタバタだけじゃなく、キュッと締める感じが良いですね。特に6巻のお面をかぶってキスするところとか、風間さんが大泣きするところの激しさが特に素晴らしいと思います。

いけだ:非常に光栄です! あそこは勝負所だったんです。それまで村雨さんと風間の仲が上手くいかない事をずっと描いていて、自分でもストレスが溜まっていたんでしょうね。ここで吹っ切っちゃおうっていう気持ちで描きましたので、他ならぬ志村さんにそう言っていただけたのは大変嬉しいです。
『ささめきこと』を読切作品として描いていた頃『青い花』にハマっていて、刺激を受けたのが大きいもので。

志村:そんなことを言われたら、もうどうしていいかわからないほど嬉しくなっちゃいます! ありがとうございます。
私も『ささめきこと』を読みながら、「この構図は上手いなぁ」とか「この展開は見事だなぁ」とか見習いたいことばかりです。
あと私は片想いの人に肩入れしちゃいがちなんで、蝉丸まゆちゃんには幸せになって欲しいとか、色々と考えちゃいます。

いけだ:僕も『放浪息子』のささちゃん(佐々かなこ)には幸せになって欲しいです。なんか高槻君や二鳥君は幸せになれそうにないんで(笑)、せめてささちゃんだけはって。

志村:ささちゃんは私の描いてる漫画でも珍しく良心なので、きっと幸せになるでしょう(笑)。

―――どちらも女の子同士の恋愛話がメインですが、その理由をお聞かせください

いけだ:恋愛ストーリーを描くとなると、障害が必要になってきますよね。昔は身分の違いや家柄というのがありましたけど、今はそれだとリアリティが出ません。そこで、「同性で友達関係というのは、恋愛の障害になるんじゃないだろうか」ってところからでした。
男女の友達でも「好きだ」って言ってしまった瞬間に関係が変わっちゃいますし、一言で終わってしまう友達関係は、女の子同士でもいけると思ったんです。

志村:一言告げた瞬間に関係が変わるっていうのは本当にそうですよね、そこは私も意識してます。
私の場合は、『青い花』の前に描いていた漫画で女の子同士のお話を描くのが楽しくて、連載のお話をいただいた時に「よし、女子高生にしよう! お嬢様が描きたい!」ってところからスタートしたんです。

いけだ:でも、『青い花』の二人はお嬢様じゃないですよね?(笑)

志村:そうなんですよ。最初はお嬢様学校を舞台にしたものが描きたいって気持ちから始まって、いざ蓋を開けてみたら「お嬢様?」って感じなんですけど(笑)。
それと『青い花』の場合は、あまり同性である部分をネガティブに捉える風にはしたくないと思っていて、だから女の子同士の関係も出てくるし、男性も絡んできます。特別女の子同士の恋愛に限定してなくて、ひとつの関係だけを特化しないように意識していますね。

インタビューの完全版は10月27日発売のコミックアライブ12月号で掲載されます。対談内容は『ささめきこと』コミックス?巻(10月23日発売)と『月刊コミックアライブ 12月号』(10月27日発売)にそれぞれ別バージョンを掲載。

さらに志村先生からは帯コメントも! 実はコミックス発売日は志村先生の……!? 何が書いてあるのかぜひチェックしてみてくださいね。対象店舗で購入すると描き下ろしイラストカードやポストカードをプレゼント! こちらも見逃せません。

▼とらのあな イラストカード
▼WonderGoo ポストカード

©2010 Takashi Ikeda/MF

特典の数には限りがあるので、店頭へはお早めに!

▼外部リンク

月刊コミックアライブ オフィシャルサイト


■関連記事
19日(火)よりローソンにてけいおん!!フェアが実施!!ねんどろいどぷちも登場
『機動戦士ガンダムUC ユニコーン episode2:赤い彗星』冒頭14分を配信中
小中学生向けSNS『はてなランド』がわずか2週間で終了のお知らせ
日々命題-HOTなWORDを朝一 CHECK- 今日の話題ワード「カスタマイズオーダー」
【懐かしいゲーム特集】「パイロットウイングス」(バーチャルコンソール版)