東リ(株)では、10月18日(月)の「コントラクトカーテンvol.13」発売にともない、新たなカーテンリサイクルシステム「東リカーテン循環型リサイクルシステム」の取り組みをスタートした。
新リサイクルシステムのテーマは「カーテンからカーテンへ」。使用済みのカーテンは広域認定制度に基づき回収された後、アジャスターフックやカーテンの生地に使用する糸の原材料にリサイクルする。リサイクル対象商品は、「リサイクルマーク付洗濯絵表示ラベル」が縫い付けられたカーテンで、医療施設や福祉施設、教育施設などの事業者から廃棄されるもの。「リサイクルマーク付洗濯絵表示ラベル」は、「コントラクトカーテンvol.13」収録生地のうちポリエステル100%で、かつ東リメーカー縫製したものに縫いつけられる。