倉木麻衣さん(撮影:野原誠治)
 ダイヤモンドブランド「フォーエバーマーク」が主催する、ジュエリーデザインコンテスト「シャイニングライツ」。19日、コンラッド東京にて「シャイニングライツ2010」の発表会が行われ、スペシャルゲストとして歌手の倉木麻衣さんが登場しました。

 「シャイニングライツ」は、ダイヤモンド産出国であるボツワナ、南アフリカ、ナミビアの学生や若手デザイナーを対象に、120年の歴史を誇るダイヤモンドエキスパートのデビアスグループが1996年より開催するアフリカ大陸最大のジュエリーデザインコンテスト。これまでも数多くの若き才能を発掘し、アフリカの発展と向上を支援しています。

 コンテストの審査員を務めたアートコンサルタントの生駒芳子さんは、「シャイニングライツ2010」について「アフリカは昔からピカソ、イヴ・サンローラン、ゴルチェ、ジョン・ガリアーノなど多くのアーティスト・デザイナーにインスピレーションを与えて来ました。私も、今回の審査で初めてアフリカを訪れて、未来につながる強いエネルギーを感じました」と紹介。

 同じく審査員のジュエリーデザイナー、カレン・リーさんも「良いデザインとは、人の心を動かせるデザインの事です。アフリカで見たジュエリーの数々は、非常にダイナミックで、シマウマをモチーフにしたネックレスなど、そのまま走り出すかと思うほどの迫力を感じました」とアフリカンデザインを絶賛しました。

 その後、約40カラット、2,000個のダイヤモンドを使用したネックレスを身に付けた倉木さんが登場。フロントがミニで、バックがロングという個性的な黒のドレスでシックに決めた倉木さんの美しさに会場からは大きな拍手が贈られました。

 実際にアフリカンデザインのジュエリーを身に付けた感想を聞かれると、「こうして、アフリカの若いデザイナーさんのジュエリーに触れる事が出来てとても嬉しいです。ずっしりと重みがあって、一粒一粒にアフリカのエネルギーと愛情がこめられていて、暖かみを感じます。そして、デザインもダイナミックで、パワフルで、今にもアフリカの鼓動が聞こえそうです」とコメント。

 また、「音楽の世界でもアフリカは私達にたくさんのインスピレーションを与えてくれます。ジュエリーも、こうしてアフリカのパワーで大胆に変わることが出来るのだなと感動しています」と、斬新なデザインのアクセサリーを改めて見つめていました。

 「シャイニングライツ」については、「輝きだけでは無くて、人の笑顔につながってくるんだなと思います。このコンテストを通じて、若い才能が見出される事を嬉しく感じます」と話し、「私もデビューから、今もこうして歌手を続けられるのも周りの方々の支えがあってのことなので、デザイナーの皆さんもこのチャンスをきっかけにして、世界で活躍していただければなと思います」と強いメッセージを残していました。

 最後に、今後の活動について「11月17日に新しいアルバム『FUTURE KISS』をリリースする事が決定しました。とてもパーソナルなアルバムに仕上がっていていますので、たくさんの方に聞いていただきたいです。また、その後ツアーも始まりますので、ダイヤモンドの様にキラキラと輝くステージを作っていけたらと思っています」と紹介。ダイヤモンドにも負けない、倉木さんの笑顔は終始キラキラと輝いていました。

倉木麻衣 ニューシングル「SUMMER TIME GONE」特集

フォーエバーマーク FOREVERMARK