“変身”するミニカー『VooV』の大型プレイセット『【VB01】 超BIG変身!! パトカー〜トレイン』発売へ

写真拡大




バンダイは、“変身”をコンセプトにしたミニカーブランド『VooV(ブーブ)』を使って遊べる大型プレイセット『VB01 超BIG変身!! パトカー〜トレイン』を11月20日より発売します。

『ガジェット通信』編集長が、「これは楽しい!子どもたちに独占させておくのは、ちょっともったいないかも」と思わずうなった“変身”するミニカー『VooV』シリーズ。一台の車や電車を開いてひっくり返すと、別の車や電車に“変身”させられる楽しさが子どもたち(一部のオトナにも?)にウケて、今年3月の発売以来わずか半年で累計出荷数100万個を突破する人気商品となりました。

大型のプレイセット『【VB01】 超BIG変身!! パトカー〜トレイン』ももちろん“変身”がコンセプト。“パトカー”の状態から“電車”の形状に変身し、中を開くと『VooV』で遊べる基地『ブーブベース』へとさらに変身します。『ブーブベース』には、車や電車を駐車できるスペースや、スイッチでスロープを開いて車を走らせる『スイッチングスロープ』、車を移動させる『エレベーター』など、8種類の楽しい機能を搭載。3段階の変身と“基地遊び”で、遊びの幅がさらに広がりました。本体サイズはW740×H170×D85mm(トレイン状態)、価格は8400円(税込み)。

【VB01】 超BIG変身!! パトカー〜トレインさらに、『【VB02】2台で飛び出す!!いすゞ ギガ キャリアカー〜700系新幹線のぞみ』も同時に発売。こちらは、『いすゞ ギガ キャリアカー』が『700系新幹線のぞみ』に変身し、『VooV』シリーズを最大6台積載できるほか、スイッチひとつで2台を同時発車させられます。本体サイズは、W313×H128×D120mm(いすゞ ギガ キャリアカー状態)、価格は3990円(税込み)。

『VooV』シリーズには、今後も続々とラインナップ追加予定。車から車に変身する『VSブーブショートシリーズ』(各756円、税込み)から『【VS19】日野プロフィア〜ENEOS タンクローリー』『【VS20】ねこ型バス〜ダルメシアンバス』の2種類、電車から電車に変身する『VLブーブロングシリーズ』(各1575円、税込み)からは『【VL19】小田急4000形〜小田急ロマンスカー・MSEシリーズ』を10月23日に発売し、全39種類のラインナップに拡充します。これからのラインナップも楽しみですね。
 
JR東日本商品化許諾済 JR東海承認済JR西日本商品化許諾済 JR九州承認済
南海電気鉄道商品化許諾済 小田急電鉄商品化許諾済 京成電鉄株式会社商品化許諾済 (c)DAIKIN.H.T.,
 
 

■関連記事
クルマや電車が“変身”!バンダイの新ミニカー『VooV』発表会レポート
【全日本模型ホビーショー】『アイマス』戦闘機から『エヴァ』のエントリープラグお箸まで! ゲーム・アニメ系の新製品をまとめてチェック
【全日本模型ホビーショー】超レア? 軍艦島の1/14000スケールモデル
【タカラトミーグループ商談会】これで“ちょい足し”も思いのまま! お菓子をフリカケに変えてしまう『おかしなフリカケ』
【タカラトミーグループ商談会】“程よい”難易度のキューブパズル『3D ギアキューブ』