『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズのディレクターのXbox360が逝く!?

写真拡大

任天堂の看板ゲームといえば『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズや『星のカービィ』シリーズですが、それらのディレクターを務めている桜井政博さんのXbox360が故障した事が判明しました。桜井さんが自身の公式『Twitter』で「さ、さ、さ、360が起動ロゴの途中で止まってるーーー!」とコメントした事から判明したもの。

その後「その後二度のフリーズ&再起動を経て、なんとか立ち上がった。実は、XBOXは3代目(Elite)なのですよね……」と発言している事から、完全に故障したわけではなく、なんとか持ちこたえているようです。

桜井さんは今まで合計3台のXbox360を購入しており、1台は人に譲り、もう1台は故障。そして今回のXbox360が3台目ということで、これが故障すると今度は4台目のXbox360となるところでした。

今回のトラブルでは、なんとかゲームが動いているようですが挙動がおかしいようで、「とりあえず今日はやめ! クールダウンしておこう」と様子を見ているようです。ゲーム機は熱を冷ますと復活する事が多々あるので、桜井さんのクールダウンは正しい方法と言えるかもしれません。

また、桜井さんは「機械なのだから、壊れることがあるのは当たり前」と語っているので、特に大きなショックを受けているわけではないようです。確かに、使いこんで壊れたのであればそれがゲーム機の寿命といえるかもしれませんね。

画像: Twitterより引用

■オススメの記事
あなたが好きな『サガ』シリーズはどれ?
『ニンテンドー3DS』2万5000円は高すぎる! じゃあいくらなら買いますか? 1000人アンケート
ネットユーザーが選ぶ! 夜食にピッタリな最強インスタントラーメン
2ちゃんねるユーザーが語る「やる気にさせてくれる名言」