MMORPG「FF14」残金0円でも、解約しないと遅延損害金請求!?

写真拡大

MMORPG「FF14」残金0円でも、解約しないと遅延損害金請求!?スクウェア・エニックスより、2010年9月30日よりサービスが開始されたMMORPG「ファイナルファンタジー14」。そのサービス利用で、ウェブマネーの残高が0円でも解約しないかぎり請求が続くらしい。

 
スクウェア・エニックス Crysta利用規約 15.アカウント所持者がCrysta購入料金等を滞納した場合、当社、決済会社又は当社が指定する第三者は、適当と判断する方法、時期にて、当該料金等を請求するものとします。
 
当社は、また、アカウント所持者がCrysta購入料金等を滞納した場合、滞納した日の翌日から滞納した利用料金を完済した日まで、滞納利用料金等に加えて所定の遅延損害金をお客様に対
して請求することができるものとします。
 
…遅延損害金だと?
FF14の支払いは変更しない限り、契約が自動継続になっており、滞納利用料金等に加えて所定の遅延損害金を請求する、とのことだ。
 
遅延損害金とは、消費者金融などで融資を受ける際の、「金銭貸借契約を結ぶ際の契約項目」にある「返済期日」。この返済期日を守らなかった場合などに、借主の義務を果たせなかったとして「債務不履行」となり、損害賠償を負うことになる。これを「遅延損害金」と言う。
 
つまりは、こういう事だろうか。毎月のサービスが融資代わりとなり、期日までにサービス利用料金を「返済」しなければ、遅延損害金も重ねて請求が来る、という事になる。
これはあくまでも利用規約であり、法的に請求権があるのかどうかはまた別の話となる。
 
「規約を読まずに契約をしたので、遅延損害金の発生なんて知らなかった」という場合でも、錯誤「契約が成立していても勘違い(錯誤)があると無効」という、あなたを守る法律が民法95条でしっかりと定められている。
 
しかし、自動継続の解除を忘れたまま何年も放置すると、復帰をする際支払わなければならないまとまったサービス料金、遅延損害金があなたを襲うことになるだろう。エオルゼアでは、彼らが法律だ。
 
スクウェア・エニックスは、また新たな歴史を刻んだようだ。
 

▼外部リンク

 
スクウェア・エニックス
 
ファイナルファンタジー14


■関連記事
PS3・Wii「ルーンファクトリーオーシャンズ」発売決定!
BD「劇場版マクロスフロンティア〜イツワリノウタヒメ〜」初週15万本販売!
チリ落盤事故の救出記念に「ミスタードリラー」の壁紙公開!
ニンテンドー3DSの3D表現について、メーカーが難色
ラブプラス効果か?恋愛ゲーム市場が前年比8割増。変わりつつある日本