ニンテンドー3DSの3D表現について、メーカーが難色

写真拡大

ニンテンドー3DSの3D表現について、メーカーが難色任天堂より、2011年2月26日発売予定のニンテンドー3DS。その3D表現について、メーカーが難色を示しているようだ。
 
メーカー、難色の反応レースゲームの「リッジレーサー3D」(バンダイナムコゲームス)は、3DSにおける3D表現の難しさを感じている。
処理性能の制約から多くのポリゴン数を表示できず、既存の高性能な家庭用ゲーム機のようなリアルを出すことができないという。
 
また、セガの「スーパーモンキーボール3D」では、3DSのジャイロセンサーをゲームに使う試みがうまくいっておらず、ゲーム機の傾きを検知してその方向にボールが転がるようにしたが、ゲーム機を傾けると立体視できる角度から外れてしまうのだという。
 
ニンテンドー3DS2004年より6年続いたニンテンドーDSシリーズの後継機で、3D立体視が注目を浴びている。
 
どうなる、3DSゲームソフトの完成度!?多くのファンが注目し、2011年2月26日の発売日を心待ちにしている「ニンテンドー3DS」。ファンたちの元に届くソフトは果たして、満足のいく内容に仕上がるのか?
 

▼外部リンク

 
任天堂
  
ニンテンドー3DS


■関連記事
PS3・Wii「ルーンファクトリーオーシャンズ」発売決定!
BD「劇場版マクロスフロンティア〜イツワリノウタヒメ〜」初週15万本販売!
チリ落盤事故の救出記念に「ミスタードリラー」の壁紙公開!
銀河鉄道999が、ニンテンドーDSで登場!
スクウェア・エニックスがリストラした社員に「もう一度働かないか」