【懐かしいゲーム特集】「パイロットウイングス」(バーチャルコンソール版)

写真拡大

ある意味「バルーンファイト」!「パイロットウイングス」は1990年に任天堂株式会社からスーパーファミコン版としてリリースされたフライトシミュレーションゲームです。今回は「パイロットウイングス」についてご紹介いたします。
素晴らしい大空からの滑降!
「パイロットウイングス」は色々な乗り物で大空からダイビングするゲームです。例えば、ライトプレーンでは飛行機を上手に滑走路に着地するように操縦するのが目的です。
大空から地上に滑降するのは大変気持ちが良いです。なお、滑走路に正確に着地することが出来るとより高評価になります。
スカイダイビングではパラシュートで地面のリングを目指して着地することが目的です。このゲームの面白さは着地を上手く決めることにかかっています。このゲームは実際のスカイダイビングを再現しているのでかなりビジュアル的に良く出来ています。

※実際のスカイダイビングはかなり危険なので専門家の指導のもとに行なうようにするようお願いします。
教官!
「パイロットウイングス」ではプレイヤーに対して指導教官が付いています。他のものにイメージすると自動車学校の教官みたいな感じでしょうか?
プレイヤーの成績に対してのコメントがユニークです。ちなみに好成績を目指すのが本来の目的ですが、わざと出鱈目なプレイをすると教官のコメントがなげやりになります。一度は試して見てください。

スカイライディング!
※写真は「スカイキッド

写真の画像をご覧ください。ナムコの「スカイキッド」のスカイライディングのシーンですが、こうしてみると「パイロットウイングス」とは方向性が異なるもののスカイライディングには芸術点とも呼ばれるべき要素が評価要素になっているのがわかります(もちろん「スカイキッド」のメインはスカイライディングではありませんが)。

スカイライディングの素晴らしさを味わいたい方は「パイロットウイングス」と「スカイキッド」を比較して遊んでみるのも面白いと思います。


▼外部リンク

パイロットウイングス(バーチャルコンソール)

■関連記事
【twitter】チリ落盤事故救出劇を記念したミスタードリラーの壁紙が炎上
アニメ『とある魔術の禁書目録?』DVD/BD予約スタート。初回特典は豪華絢爛
アマガミのラジオ番組から『良子と佳奈のアマガミ カミングスウィート! vol.7』がリリース
ローソンの高級弁当シリーズ“ご褒美のひと時”『叙々苑監修 焼肉重』
OVA『とある科学の超電磁砲』のOP曲『future gazer』がMステ6位