今ではセルフカフェの代名詞と言っても過言ではない「スタバ」。しかし、その名前はすんなりと決まったわけではありませんでした。もしかしたら、「スターバックス」という名前ではなかった可能性があったことを知っていますか?

 スターバックスの前身は、シアトルのコーヒー豆専門店「スターバックスコーヒー・アンド・ティースパイス」。元英語教師のジェリー・ボールドウィン、作家のゴードン・バウカー、歴史教師のゼブ・シーゲルの3人で始めたお店でした。

 彼らの第一候補は、海洋小説の傑作『白鯨』の船の名「ピークォド(peequod)」でした。しかし、友人からpee(おしっこ)でquod(刑務所)の店なんて、といわれ却下したそうです。

 第二候補にあがったのは、シアトルの近くの採掘場の名「スターボ(Starbo)」でしたが、結論は出ずにまた『白鯨』に逆戻り。

 そこでピークォド号の一等航海士「スターバック」の名前が候補にあがりました。航海のイメージは新たに店を始める男のロマンを表現するのにぴったり。また、スターバック航海士は荒れくれ男揃いの乗組員のなかでも、常識があり、冷静沈着。いざというときの勇気と判断力に長けた人物。彼らが目指すお店の名前に相応しいイメージということで、そこから「スターバックス」は誕生したそうです。

 もし店名が「ピークォド」や「スターボ」だったら、これほどグローバルに普及するお店にはなってなかったかも知れませんね。



『スターバックスの感動サービスの秘密 』
 著者:荒田 雅之
 出版社:ぱる出版
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
「非難病」患者の特徴とは?〜『不幸になる生き方』(2010年10月9日19:23)
『主婦の友社が新書市場に参入、電子書籍版の無料公開も』(2010年10月9日04:44)
『適当男・高田純次が電子書籍で快挙』(2010年10月8日16:32)


■配信元
WEB本の雑誌