筆ペンでマインドマップをかくメリット

写真拡大




今回はコウスケさんのブログ『ライフハックブログKo's Style』からご寄稿いただきました。

筆ペンでマインドマップをかくメリット
先日、お借りしたカラーの筆ペンでマインドマップをかいてみました。とても楽しいですよ! その時感じたメリット、デメリットなどまとめておきます。

実際にカラー筆ペンでかいた上のマインドマップは、断捨離 *1 についてまとめてみました。

*1:『新・片づけ術「断捨離」』 やましたひでこ著 マガジンハウス
http://magazineworld.jp/books/2052/

–筆ペンでマインドマップをかくとこうなる
ブランチ、BOI、イラストなどは筆ペン、他の文字は普通のペンで書きました。どうでしょうか。見る方によって受け取り方も様々かも知れませんが、私個人の考えを以下にまとめてみました。

–メリット1:独特の味、個性が出る
見ての通りで、よく見るマインドマップとは違った雰囲気がでました。これは非常に面白い体験でした。筆といえば和。調子にのって(?)、和風なイラストも描いてみました。

–メリット2:ブランチを楽に、有機的に描ける
の独特なタッチで、線の強弱が自然にでて、なめらかな曲線を描くことができます。一方、普通のペンでは当然、一筆書きの線の太さは一定ですよね。ですから、ブランチの輪郭を描いてから中を塗るなどしなければいけませんでした。

この違いはとても大きく、見た目に大きな影響があると感じました。

–デメリット1:イラストに悩む
せっかく筆でかいてちょっと和風になったので、イラストも和風にしたくなりました。が、マインドマップの内容にあうイラストを和風テイストで描く能力が足らず(汗)。

ペンでいつもどおりにアイコンやイラストを加えたら、このマインドマップ全体の雰囲気を損ねてしまう気がしたんです。そこで、『Google』で水墨画を検索し、真似して和風のイラストを描いてみました(結局マインドマップの内容にあまり関係ない、汗)。

しかし今思えば、筆ペンにはブランチを簡単にキレイに描けるという1つのメリットがあるわけで。ブランチのみ筆ペンで描き、イラストや文字は普通のペンでかけば、あまりマインドマップ全体を和風にするなどとこだわらなくてよいかもですね。

–デメリット2:多少慣れが必要かも
筆ペンでのかきかたに、多少慣れが必要かもしれません。っと言いつつ、かいてるうちにだんだん慣れてきたんですけどね。

まとめ
感想としては、カラー筆ペンのセット、かなり欲しいです! とても楽しいですよ。色が豊富なのにも驚きました!
今回初めて使ってみて、
・ZIGクリーンカラーリアルブラッシュ *2
・筆日和 メタリックカラー *3
という筆ペンが、とても気に入りました!

*2:『ZIGクリーンカラーリアルブラッシュ』 メーカー株式会社 呉竹
http://www.craftduo.co.jp/KWSC/GoodsInfo.aspx?ShoCd=0796160008
*3:『筆日和 メタリックカラー』 メーカー株式会社 呉竹 ウェブショップ佐田文具店(楽天市場)
http://item.rakuten.co.jp/sadafeel/cbk-55/?scid=af_ich_link_img

執筆: この記事はコウスケさんのブログ『ライフハックブログKo's Style』からご寄稿いただきました。

文責: ガジェット通信

■最近の注目記事
女性にもてる踊り方とは
【ノーベル化学賞】炭素をつなぐ最良の方法『鈴木カップリング』(2)
【ノーベル化学賞】炭素をつなぐ最良の方法『鈴木カップリング』(1)
ヴァナ・ディール経済圏
『2020年、日本が破綻する日』