高橋名人は超難易度の高いRPGを20回もクリアしていた!

写真拡大

『邪聖剣ネクロマンサー』というゲームをご存知でしょうか? かつて人気を博したゲームハード『PCエンジン』で発売されたロールプレイングゲームです。非常に難易度が高かったものの、従来のゲームにはなかったリアルな描写で注目を集めた、『PCエンジン』初のロールプレイングゲームです。

このゲームは高橋名人で有名なハドソンから1988年(なんと22年前!)に発売されたのですが、当時、高橋名人は『邪聖剣ネクロマンサー』のデバッガーをしていたそうなのです! シューティングゲームのテクニックで人気を博した高橋名人が『邪聖剣ネクロマンサー』のデバッグをしていたとはオドロキですね。

高橋名人は当時の事を振り返り、「主人公が供に旅するキャラを、5人の中から2名選ばなければいけませんが、私がデバッグしていた時には、どのメンバーの組み合わせでもクリア出来るか? という事がメインだったので、10通りの組み合わせで、20回ほどクリアしたという思い出があります」とブログでコメントしています。

あの超難易度の高い『邪聖剣ネクロマンサー』を20回もクリアしてしまうとは……。仕事とはいえ、さすが名人といったところでしょうか。記者も『邪聖剣ネクロマンサー』を発売日に買って遊びましたが、あまりに難易度が高いので購入初日に挫折してしまいました……。『PCエンジン』初のロールプレイングゲームとして期待して買ったのですが、子どもだった記者にとって厳しいゲームでした。

高橋名人はキャラクターの組み合わせとして3通りあると解説しています。「最初は楽だけども後が大変」、「全般的に平均」、「最初はかなり大変だけども後が楽」の3つの組み合わせだそうです。マイストとロミナをキャラクターとして選ぶと「最初はかなり大変だけども後が楽」という組み合わせになるものの、レベル30を超えるとレベルアップによる成長パラメーターがどんどんアップしていくとのこと。

気になった人は、『Wii』のバーチャルコンソールで配信されているのでチェックしてみてはいかがでしょうか? 『PSP』や『プレイステーション3』のゲームアーカイブスでも購入できるようです。

画像: 高橋名人 OFFICIAL SITE 16SHOTより引用

■オススメの記事
あなたが好きな『サガ』シリーズはどれ?
『ニンテンドー3DS』2万5000円は高すぎる! じゃあいくらなら買いますか? 1000人アンケート
ネットユーザーが選ぶ! 夜食にピッタリな最強インスタントラーメン
2ちゃんねるユーザーが語る「やる気にさせてくれる名言」