■ヘビー級/5分3R
チーク・カンゴ(フランス)
Draw.3R終了/引き分け
トラビス・ブラウニー(米国)

軽快なスタップを踏むブラウニーが、ワンツー、ボディ、左フック、ローと積極的に前に出る。だが、的確に左右のローを返すカンゴ。それでも、ブラウニーは突進するように前進すると、バランスを崩しながらハイを繰り出す。

ブラウニーの左ミドルを払って、右ローを叩き込んだカンゴ。ブラウニーもインローを返し、カンゴのパンチには左フックを合わせて、ぐらつかせた。

その後も、右フックをヒットさせ、押し気味に試合を進め始めたブラウニー。首相撲からヒザ蹴り、ワンツーでボディを打ち、カンゴを後退させると、ガードの上からも豪快に右フックを放っていった。

2R、やや疲れた様子のブラウニーに対し、ローからストレートをヒットさせたカンゴ。組みついてヒザ蹴りを見せると、これがローブローとなり、試合が一時中断する。

再開後、ブラウニーのパンチが空を切ったところに、カンゴがパンチ&ローを放ち、押し込むようにケージへ詰める。だが、首相撲を狙うと、ブラウニーがカンゴを両手で突き飛ばす。再びオクタゴン中央で向かい合うと、カンゴはパンチでラッシュを仕掛け、ケージに押し込んでは、大腿部にヒザを入れていく。

ブレイクが掛かると、パンチから組みついていったブラウニー。カンゴをケージに押し込むも、体を入れ替えたカンゴは、再び大腿部に細かくヒザを入れていく。今一度ブレイクが掛かるも、次の瞬間にはケージ際で同じ態勢になっている両者だったが、ここでブラウニーがそり投げのようにカンゴを投げ、テイクダウンを奪ったところで、2Rが終了した。

3R、胴タックルでケージに押し込んでいったブラウニー。ここでカンゴは、ブラウニーのトランクスを掴んで1ポイント減点に。再開後、飛び込んだカンゴをアッパーで迎撃したブラウニーだったが、距離ができると一転、カンゴが追いかけるようにミドルからパンチを放っては組みついていく。

ブレイクが掛かると、一気に手数の減ったブラウニーに対し、カンゴはパンチのラッシュへ。そのパンチに合わせて組み付こうとするブラウニーは、時折豪快なパンチを放つも、連打にはならず。試合終了間近には、再びカンゴからテイクダウンを奪い、試合を終えたが、判定の結果は、ジャッジ三者が28-28を付け、ドローとなった。