【全日本模型ホビーショー】『アイマス』戦闘機から『エヴァ』のエントリープラグお箸まで! ゲーム・アニメ系の新製品をまとめてチェック

写真拡大




10月14日(木)から17日(日)まで千葉・幕張メッセで模型関連製品の見本市『第49回 全日本模型ホビーショー』が開催されています。いよいよ16日(土)と17日(日)は入場料1000円で一般公開。ラジコン、鉄道模型などに混じってゲーム・アニメ系の製品も数多く出展されています。この記事ではアニメ・ゲーム系の新製品に注目して紹介していきます。

※写真が一部しか表示されない場合はこちらをご覧ください



ハセガワが出展した人気ゲーム『アイドルマスター(アイマス)』のキャラクターのカラーリングを施した戦闘機のプラモデル
ハセガワは人気ゲーム『アイドルマスター(アイマス)』のキャラクターのカラーリングを施した戦闘機のプラモデルを出展。『ハセガワ アイドルマスター プロジェクト 第2期シリーズ』として発売されるもので、キャラクターをイメージしたカラーの機体にキャラクターのデカールを貼って『アイマス』戦闘機にカスタマイズできます。10月30日には1/72の『Su-47 ベールクト“アイドルマスター 星井美希”』(税込み6090円)が、11月24日には1/48の『タイフーンII “アイドルマスター 菊池真”』(税込み7770円)が、12月中旬には『F-22 ラプター “アイドルマスター 天海春香”』(税込み5880円)と『ラファール M “アイドルマスター 水瀬伊織”』(税込み7140円)の発売を予定しています。

バンダイが来春製品化する『ダンボール戦記』のプラモデル
バンダイは、レベルファイブが2010年中に発売を予定しているPSP用ゲーム『ダンボール戦記』のプラモデルを出展しています。来春の発売予定。同時期にテレビアニメや漫画への展開を予定しており、対象ユーザーは小学校4〜5年生。ブースの説明員によると、ユーザーの年齢層が高くなってしまったプラモデルに新しい技術を投入し、子どもにも作りやい工夫をしているとのこと。

切り欠きのマークで部位ごとのミニランナーが識別可能
色塗りが不要な多色成形と押すだけでランナーからパーツを外せる『タッチランナー』の技術は『ガンプラ』などでも採用されていますが、『ダンボール戦記』で採用したのは、組み立てる部位ごとにミニランナーを識別できる技術。ランナーは、完成品の頭や足など部位ごとのミニランナーから構成されています。ミニランナーには切り欠きのマークがつけられており、「ここは頭」「ここは足」と、パーツが使われる部位が一目で識別可能。最初にランナーからミニランナーを取り外し、同じ部位ごとのミニランナーを集めてから組み立てることで、部位ごとに完成させることができます。最近プラモ作ってない筆者も、こんなプラモなら作りたい!

ウェーブが出展する『ラブプラス』のフィギュア。残念ながら愛花はいません
ゲームでは、やはり人気なのが『ラブプラス』。ウェーブは10月下旬発売予定の1/10スケールフィギュア『姉ヶ崎寧々』(税込み3990円)と12月下旬に発売予定の『小早川凜子』(税込み3990円)を出展していました。「愛花がいないのはなぜですか?」と説明員に尋ねたところ、まだコナミの監修中だとのこと。「線が細かいので、ちょっと違うだけで似てないものになっちゃうんですよね」と残念そう。『高峰愛花』だけ遅れて、来春ぐらいの発売になりそうです。

壽屋が出展する『ロックマン』シリーズ
『メダロット』の『ガンノウズ』も
壽屋は、『ロックマン』シリーズから発売中の『ロックマン』に加え、12月に発売予定の『ロール』(税込み3150円)、2011年1月に発売予定の『ブルース』(税込み3150円)を出展しているほか、『メダロット』から2011年春に発売予定の『ガンノウズ』(価格未定)を参考出展するなど、ちょっとだけ懐かしいゲームをラインアップしています。

ハセガワが出展する『YZY-8000 “マイザーデルタ”』
パーツを差し替えてモータースラッシャーに変形可能
12月22日にXbox 360用『バーチャロン フォース』が発売される『バーチャロン』シリーズからは、ハセガワが12月上旬に発売する『YZY-8000 “マイザーデルタ”』(税込み6090円)が出展されています。こちらは、パーツを差し替えてバーチャロイドからモータースラッシャーへ変形が可能。11月には『テムジン747J モデリングサポートCG集 Detail -TEMJIN747J-』(税込み1575円)を再販することが発表されていました。

ピットロードが出展する『機動警察パトレイバー 劇場版 98式特型指揮車』
壽屋は『D-スタイル』シリーズで発売予定
一方アニメでは、『パトレイバー』関連の新製品が目立ちました。ピットロードは12月に発売する1/24スケールの『機動警察パトレイバー 劇場版 98式特型指揮車』(税込み5040円)を出展。こちらには、遊馬、香貫花、進士、山崎の4体の塗装済みフィギュアが付属します。壽屋は、メカをかわいくアレンジする『D-スタイル』新製品として、発売済みの『AV-98 イングラム1号機』『TYPE-J9グリフォン』と一緒に、1月に発売する『零式』(税込み1980円)、2月に発売する『AV-98 イングラム2号機』(税込み1980円)を出展していました。

バンダイが出展する『1/500 宇宙戦艦ヤマト』
12月1日から映画『SPACE BATTLE SHIP ヤマト』が公開される『宇宙戦艦ヤマト』からは、バンダイが『1/500 宇宙戦艦ヤマト』(税込み7140円)を出展。全長530mmの迫力あるサイズから、バンダイブースの中でも注目を集めていました。

ウェーブが出展する『スコープドッグ レッドショルダー スペシャル』
ブルーレイとDVDで新作をリリース中の『装甲騎兵ボトムズ 幻影篇』からは、ウェーブが2011年春に発売予定の1/24スケール『スコープドッグ レッドショルダー スペシャル』(税込み6090円)を出展しています。

ウェーブの『けいおん!!』着ぐるみフィギュア
人気の『けいおん!!』からは、ウェーブが中野梓、琴吹紬、平沢唯、田井中律、秋山澪のきぐるみフィギュアを出展。2月下旬の発売予定で、価格はそれぞれ1260円(税込み)。5人のメンバーが勢ぞろいした初回限定の『きぐるみ放課後ティータイムセット』(税込み6090円)の発売も予定されているとのこと。

EVAがお箸に!
エントリープラグのハッチを開けると極小フィギュアが
最後に、会場で見つけたユニークな製品をご紹介します。壽屋が出展していたのは、『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版』の“お箸”。シンジ、レイ、アスカ、マリがそれぞれ搭乗するEVAのカラーのお箸で、手元はエントリープラグになっています。ハッチを開けると極小フィギュアが乗っているという凝りよう。『零号機+綾波レイ』『初号機+碇シンジ』は12月、『2号機+式波・アスカ・ラングレー』『仮設5号機+真希波・マリ・イラストリアス』は2011年1月の発売予定で、価格は各1260円(税込み)です。

このほかにも、会場には来年にかけて発売される新製品が盛りだくさん。最大規模のバンダイブースでは、先日お伝えした『RG 1/144 MS-06S シャア専用ザク』やコア・ファイターのほかにも多数の『ガンプラ』や、『マクロス』関連の新製品をそろえています。興味ある方は土日に幕張へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

■関連記事
【全日本模型ホビーショー】発表したての『RG 1/144 MS-06S シャア専用ザク』が初公開
【全日本模型ホビーショー】『機動戦士ガンダム』のコア・ファイターが来春リアルに製品化
【全日本模型ホビーショー】超レア? 軍艦島の1/14000スケールモデル