【タカラトミーグループ商談会】“程よい”難易度のキューブパズル『3D ギアキューブ』

写真拡大




10月13日から14日にかけて東京・都立産業貿易センター台東館で開催された、タカラトミーグループが2011年の1〜3月に向けた主力製品を発表する『2011 タカラトミーグループ商談会』。タカラトミーアーツは、『ルービックキューブ』タイプのキューブパズル新製品『3D ギアキューブ』を出展しました。

※画像が一部しか表示されない場合はこちらをご覧ください

正四面体の『ルービックキューブ』タイプのパズル『ピラミンクス』を発明したメファート教授が考案した新作パズル。ギア状のキューブを組み合わせた構造で、アートっぽいデザインとメカニカルな動きが印象的。ブースでは特徴として(1)立体的な動き(2)程よい難易度(3)不思議な触り心地(4)美しいデザイン――の4点を挙げてアピールしていました。

回してみると『ルービックキューブ』とは異なる感触
触ってみると、回すときの感触は『ルービックキューブ』のように柔らかいのですが、同時に全体のギアが回る感触とビジュアルが気持ちよい感じ。では“程よい難易度”とは? 縦横で任意に回せる『ルービックキューブ』と比べると、たとえば縦方向に回してから横方向に回せるようにするために、縦で一定の角度まで回す必要があるため、動きの自由度が制限されていることが分かります。どうやらこれにより『ルービックキューブ』より難易度が少し下がっているようです。

すごい速さで回し始めました
「ルービックキューブが苦手な僕でも結構早く解けるんですよ」と説明員。そこまで言うなら目の前で解いてもらいましょう。すると、説明員さんがものすごい速さでキューブを回し始めます。あっという間に完成! 写真の時刻を確認すると、1分足らずで解いてしまったことが分かりました。これなら、『ルービックキューブ』が苦手な人でも気軽にトライして、ちょっとした空き時間に遊べそうです。

1分足らずの早解きに成功!
早解きを成功させてドヤ顔の説明員さん。ご対応、ありがとうございました! 『3D ギアキューブ』は2011年2月2日にブラックとホワイトの2色で発売。価格は2310円(税込み)です。

■関連記事
【タカラトミーグループ商談会】エステーCMの“ムッシュ熊雄”が会場を急襲! グッズも新製品が続々登場
ガンプラ30周年に沸く2010年はこんなものも“30周年”
【東京おもちゃショー2010】『ルービックキューブ』と同じ30周年! 町田市立山崎小のモザイクアートが『ギネス世界記録』認定
『ルービックキューブ』30周年を記念した新製品『ルービックキューブ立体パズル』と『2×2×4ルービックタワー』
本15冊頭に乗せてルービックキューブしながら円周率100ケタ暗唱する美女