12日、男子バスケットボール・中国代表対ブラジル代表の試合で乱闘事件が起きた。中国バスケットボール協会はいまだ選手に対する実質的な処分を発表していないが、国際バスケットボール連盟(FIBA)からの処罰は決定的だという。写真は12日の乱闘騒ぎ。<url name="【その他の写真】" url="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=46155">

写真拡大

2010年10月12日、男子バスケットボール・中国代表対ブラジル代表の試合で乱闘事件が起きた。中国バスケットボール協会はいまだ選手に対する実質的な処分を発表していないが、国際バスケットボール連盟(FIBA)からの処罰は決定的だという。14日、法制晩報が伝えた。

乱闘騒ぎの発端は中国のBob Donewald監督。中国の張慶鵬(ジャン・チンポン)選手が相手選手と接触しファウルを取られたことに激怒し、机を叩くなど大暴れ。これで試合には不穏な空気が流れ、孫悦(スン・ユエ)選手がブラジル選手からファウルを受けたのを機に双方が殴り合う大乱闘に発展した。結局、ブラジルチームは試合を放棄している。

【その他の写真】

中国バスケットボール協会の李金生(リー・ジンション)副会長は、「選手たちのモラルが欠如していた。これは同協会の管理不行き届きでもある」と協会の責任を認め謝罪したが、14日現在、実質的な処分は発表していない。しかし、法制晩報によると、FIBAも事件の調査を始めており、なんらかの処分が下されることは必至だという。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
バスケットでもカンフー炸裂!ブラジルとの親善試合で大乱闘―中国
「バスケットボールの女の子」に新しい義足をプレゼント(上)―雲南省曲靖市
「バスケットボール巨乳」ベラ・チェンの全裸広告で交通事故!わずか4日で全面撤去へ―台北市
<百花繚乱・華流セクシースター写真大放出スペシャル・1>バスケットボール巨乳のベラ・チェン
バスケットボール女子日本代表、中国からの帰化選手が選ばれる―中国メディア