『iPad』や『iPhone』でボーカロイドが使えるように ヤマハが『VOCALOID』のアプリを開発

写真拡大

ヤマハは、歌声合成ソフトウェア『VOCALOID』の合成エンジンソフトウェアを使用したiPadアプリ『iVOCALOID VY1』、iPhoneアプリ『iVOCALOID VY1t』を開発したと発表しました。これによりいつでもどこでもボーカロイドで歌を作ることができるようになります。

『iVOCALOID VY1』iPadアプリの『iVOCALOID VY1』はパソコン版の『VOCALOID』と同じくピアノロール方式のインタフェースを採用しています。音程やピッチを画面にタッチするだけなので、手軽に本格的なボーカルパートを製作することができます。また、新たに伴奏同時再生機能を搭載。合成した音声と伴奏を同時に視聴しながら楽曲を作成することができます。作成した曲をメールで送信することもできます。iPhoneアプリ『iVOCALOID VY1t』はピッチカーブ入力方式を採用。画面に指先でタッチし、ピッチカーブを描くだけで、気軽に歌唱合成やおしゃべり合成音を楽しめます。

今回のアプリには、ヤマハの『VY1』を採用。ユーザーの入力する歌詞や音程に対応できるよう、160MBを超える音声データベースを搭載しています。これらのアプリは日本科学未来館と東京国際交流館で現在開催中の『DIGITAL CONTENT EXPO 2010』に10月15日から展示されます。

■最近の注目記事
オタクの為の婚活イベント!
『ペーパージャム』シリーズのドラムとギターを演奏してみた!
『ニコニコミュージカル』ワークショップってどうなのよ
え? これも駄目なの!? 女性に聞いた“男性のこんなファッションは嫌だ”
「島根にパソコンなんてあるわけないじゃん!」 Googleで「島根に」と検索したら……