ジャンプに掲載された『ワンピース』に下書き状態のコマが掲載されている件

写真拡大

10月11日に発売された『週刊少年ジャンプ』に、下書き状態の『ワンピース』が掲載されているとして話題になっています。実際に購入して読んでみると、確かに適当に描いたとしか思えないコマがありました。

前面にいるキャラクターはハッキリと上手な線で描かれているのですが、背面にいるキャラクター数人が下書き状態ともいえるクオリティで描かれているのです。殴り書きと言っても過言ではないレベルです。この事はインターネット上でも話題になっており、注目されています。

<下書き状態のコマについて>
・手抜き病だよ
・働かずとも大金の入る喜びを知ったか
・ちょいちょいあるよなこれ。コミックスでも修正しないしこれでいいと思ってるんじゃないの
・ほとんど背景じゃねえか
・冨樫なら下書きすら描かんだろ
・働かなくても一生遊んで暮らせるから、どこまで手を抜けるか富樫してる
・メインはちゃんと描いてるからいいんじゃね?
・どうしてこんな人生になったんだろう
・冨樫なら真っ白だな
・手を抜いたって信者は崇めてくれるんだからいいんだよ
・ギンがクリーク一味小舟載せたところも雑だったよね
・富樫だと「そもそもモブも背景も無し」「メインキャラが殴り書き」
・遠方の人間まで細かく丁寧に描いたら余計見辛くなるだけだろ
・売上王だから良いんです

書き込みに多く出てきた「富樫」という人名は、『HUNTERxHUNTER』の作者・冨樫義博(とがしよしひろ)先生のことを意味しています。富樫先生は下書き状態の原稿をそのまま雑誌に掲載することが多々あり、「また今週も下書きだ」と読者に言われるほど頻繁に下書きの漫画を掲載しています。

『ワンピース』の作者・尾田栄一郎(おだえいいちろう)先生は下書き状態で漫画を掲載する事はないので、このような手抜きに見える絵を描くと目立ってしまうのでしょう。忙しいとは思いますが、これからも楽しい作品を描き続けてほしいものです。

■オススメの記事
『ファイナルファンタジーXIV』に付いてくるタンブラーが使えない
アメリカ人が作るラーメンは本当に美味しいのか確かめてみた
ネットユーザーが選ぶ! 夜食にピッタリな最強インスタントラーメン
うまい棒の正しい食べ方とは? そんな動画が話題に!