パソコンでモバゲー!

写真拡大

ヤフー株式会社(以下、Yahoo!JAPAN)と株式会社ディー・エヌ・エー(以下、DeNA)は、2010年9月21日からβ版にて公開しているPC上のソーシャルゲームプラットフォーム『Yahoo!モバゲー』を、2010年10月7日から正式版として提供している。

正式版では、開発パートナー約70社から、エレクトロニック・アーツのPlayfishブランドのタイトル『レストランシティ』や株式会社インデックスが提供するロールプレイングゲーム『ペルソナシリーズ』のソーシャルゲーム『ペルソナ3ソーシャル』など、モバゲーAPIを用いた作品を中心に、100作品のゲームが提供されている。

また、DeNAからも、『怪盗ロワイヤル-zero-』に続き、「モバゲータウン」で提供されている『海賊トレジャー』のPC版である『海賊トレジャー ANOTHER WORLD』が提供されることに加えて、株式会社コーエーテクモゲームスが提供するソーシャル・シミュレーションゲーム『100万人の信長の野望』や株式会社セガがライセンスを保有する『シェンムー街』の開発も決定している(2010年冬頃配信予定とのこと)。

さらに、今回の正式版開始に合わせて「モバコイン1億円分山分けプレゼント」キャンペーンが実施される。対象期間中に『Yahoo!モバゲー』に新規登録した利用者は、1億円分の「モバコイン」を山分けするキャンペーンに参加できる。

なお、『Yahoo!モバゲー』の利用(基本プレイ無料)には、Yahoo!JAPAN IDの取得と「モバゲータウン」への登録が必要となる。

利用ポイントについては、Yahoo!JAPANを利用中のユーザーは、利用中のYahoo!JAPAN IDでのログインが可能となっている。ゲームプレイ中の有料課金アイテムの支払いには「Yahoo!ウォレット」を利用して決済が可能で、「Yahoo!ウォレット」の利用で、購入金額の1%の「Yahoo!ポイント」が貯まるため、貯めたポイントをゲームのプレイに利用できるといったメリットがある。

また、「モバゲータウン」を利用中のユーザーは、ソーシャルグラフの連携により、「モバゲータウン」上で構築された利用者同士のつながりの情報は『Yahoo!モバゲー』にも引き継がれるとのこと。

ちなみに、ソーシャルゲームとは、ゲーム内で、ユーザー同士が競い合ったり、協力したり、情報交換をしながら一緒に遊べる、交流機能を持つゲームのこと。また、APIとは、アプリケーション・プログラム・インターフェイスの略。

ゲームの世界も互換性を高める必要が出てきたことの表れか。開発ツールが豊富になることと、開発効率やゲーム自体のクオリティが向上することは必ずしもリンクしていない。まずは、商品の種類を増やし、ユーザーの反応を見ながら方向性を定める対応といえようか。

▼外部リンク

ヤフー株式会社
株式会社ディー・エヌ・エー
リリース
詳細ページ


■関連記事
遅刻の言い訳メーカー
あの「美少女雀士スーチーパイ」が復活
シンプルだけど思わずハマる「7ならべ」に挑戦
子どもも大人も人気「トミカ」を動かす!おえかきする!アプリ登場
蘇れ愛する者よ 「キャッスルヴァニア ロード オブ シャドウ」