乱闘騒ぎの男子バスケチームに協会が練習停止命令

写真拡大

【新華網 北京】河南省許昌市で12日に行われた中国対ブラジルの男子バスケットボール試合で乱闘騒ぎが起きたことについて、中国バスケット協会は13日午前に開いた緊急会議で中国国家チームの当面の練習停止を決定した。同日午後に開いた記者会見で明らかにし、ブラジルチームに対して公に謝罪した。

 試合は11月に広東省広州で開かれるアジア競技大会に向けたウォームアップマッチ。試合開始1分後、選手の体が相手選手に接触すると、ヒートアップした選手による乱闘に発展。試合は中断した。

 同協会の李金生副主席は記者会見で、「スポーツ精神に背く行為。両チームの選手及び関係者の感情を大きく傷つけ、ファンの好意を無にした。スポンサーにも多大な影響をもたらした」と声明を読み上げ、協会を代表して多くのファン、メディア、ブラジルチーム及び関係各者に謝罪の意を表した。

 両チームは13日午後、北京の首都国際空港に到着。李副主席ら協会代表が空港に駆けつけ、ブラジルチームに謝罪した。

 李副主席によると、事件当事者は調査後に処罰を受ける。また国家チーム全体がスポーツ道徳を養うための“特別補習”を受けるという。

(編集翻訳 松尾亜美)



■関連記事
中国出張のコンシェルジュ!お得なチケット代はそのまま、3つの特典で中国出張をサポート!
日常会話〜ビジネス会話まで「1日5分の音声付きワンフレーズ中国会話」を 540パターン公開中!
接待などで使える中華料理店は新華プレミアダイニングで!料理、お酒ともに有名店の特別メニューあり!
新華社の業界別産業・経済情報を日本語で配信!貴社の中国ビジネスを強力にバックアップ!