裸眼で立体視出来る3Dディスプレ-を自作! ニコニコ動画経由でも初音ミクが立体に見える

写真拡大




裸眼で立体視出来る3Dディスプレーを自作した動画が『ニコニコ動画』に公開されており話題になっている。現在ニコニコ動画ランキング「やってみた」カテゴリにて1位になっており再生数は4万を超えている。

そんな動画だが、どのように立体視させるのだろうか。これは見る方向によって絵が変わるCDジャケットを思い出して欲しい。左から見たときと右から見たときで絵がパラパラ変わるあれだ。あれのパターンを多くした物だと思ってくれたらいい。今回は36視差ということでかなりの立体感が味わえるはずだ。このディスプレーを作るに当たって実際にC言語でプログラムをコーディングしている投稿者。さらに36視差させるためにパターン分の画像とフィルターも自作。かなりの気合いの入りようだ。

実際に動画を見てみるとわずかながら浮いているように見える。動画越しでも立体に見えるのは少し感動だ。

似たような技術はデジタルフォトフレームで大活躍されておりいくつかのメーカーがリリースしている。さらに技術が進歩し上下左右好きな方向から見れるようになったらフィギュア代わりになるかもしれないぞ。

これを見ていたらマトリックスのあれを思い出した。

【36視差】裸眼3Dディスプレイを自作してみた【立体映像】(ニコニコ動画)

■関連記事
JaneがTwitterクライアントソフト『Janetter』をリリース Webkitで作られた高速アプリ
F1韓国GP“グレードA”を取得し予定通り開催 しかし下水工事は終わっておらずドライバーも不安気味
台湾の卒業制作アニメのクオリティが凄い! ストーリー性のある短編アニメ
『めちゃイケ』オーディションの出来レースっぷりが半端無い! みんなこれに納得?
あの伝説のゲーム『オプーナ』のサウンドトラックがついに発売! この日を待っていた