「インテリアライフスタイルチャイナ2010」(主催:メッセフランクフルト上海)は、10月13日、上海展覧中心(Shanghai Exhibition Center)にて開幕した。展示規模は前年比30%増の16000平米、出展者は13カ国から200社以上と、昨年にも増して、国際色の強い展示会となっている。特に今回は、特別展「German Living」が併催されることもあって、ドイツ連邦共和国経済大臣ブリューデル氏を筆頭に、バス7台でVIPが来場する力の入れ方が目立ったが、近年の経済成長により、中間層が台頭、世界の工場から消費市場へと、急速に変貌を遂げつつ中国に、世界のライフスタイル関連業界はますます目を離せなくなっているようだ。
なお、日本からは遊歩人、ヨシカワ、 バククリエイティブの3社が出展。なお、ヨシカワは、今回、Homes Style Awardsに選出されている。
(中国・上海より)