(株)サンゲツでは、このほど「第29回ジャパンテックス2010インテリアトレンドショー」(会期:2010年11月17日(水)〜19日(金)/会場:東京ビッグサイト西ホール)の展示内容を発表した。
今回は「“やすらぎ”という名の贅沢」というテーマの下、特にカーペットのすばらしさを体感できるようなゾーニングを行う。具体的には大小のサークルを組み合わせた立体的な展示空間に、本年8月に発表した受注生産のラグを含む新作カーペットコレクションの数々を迫力ある大きなサイズで展示する。この他、医療・福祉施設空間に求められる、耐久性、衝撃吸収性、抗菌性、耐薬品性などを備える高機能床材、清浄な室内空気環境を保つのに効果的な消臭・抗菌壁紙「ルームエアー」などをビジュアルに提案、さらにスワロフスキーやエコカラット(INAX社)によるプレミアムコーディネートや来春発売予定の新作壁紙も参考出品する。
ブースナンバーは1-27。展示規模は540平米(60小間)。