北朝鮮・金正日総書記の後継者は三男、金正恩・軍事委副委員長に決まったが、「スパモニ」は長男の「金正男氏(39)独占インタビュー」を短時間、流した。メタボ系、坊主頭は相変わらず、茶色のサングラス、ピンクのセーターといういでたち。インタビューは、北朝鮮労働党創建65周年記念式典の前日、10月9日(2010年)に北京で行われたらしい。

国外追放の身?

   話の内容を並べると次のようになる。

「個人的に3世代世襲には反対します。ですが、それなりの内部的要因があったと思います。内部的要因があれば、それに従うべきだと思います」
「弟が北韓住民の潤沢な生活のために最善を尽くしてほしいと祈っています」
「私は海外で、いつでも弟が必要とするときに助ける用意があります」

   思い切った発言のように聞こえるが、「私は海外で」というのは実質的に国外追放の身ということだろうか。

   小木逸平キャスターも「距離のおき方」に注目して、コメンテーターの鳥越俊太郎(ジャーナリスト)に振る。

   「(金正男が)後継者といわれた時期があった。そのときとは明らかに違っている。金正日体制とは一線を画しましたよ、ということ」と断言した鳥越は、「『北韓』とは韓国の人が使うことば。北朝鮮の人は共和国という。これだけのことを言うか、ホンモノかい、この人、金正男? と思った」と首を傾げる。

   長男、三男の関係は、北朝鮮にどういう影響をもたらすのだろうか。

アレマ

J-CASTテレビウォッチとは?

ワイドショーやドラマなどのテレビ番組を独自の視点でウォッチします。カリスマ占い師の不思議な言動や深夜のオモシロ番組もここでチェック!
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!