飲んでいたのは芋焼酎か?石焼イモ屋が酒気帯び運転で逮捕

写真拡大


夏場はカキ氷を売っているとか月収は100万円は下らないというのは果たして都市伝説なのか?専ら秋冬シーズンの街中に出没する焼き芋屋が逮捕されるという事件が起きていたようです。

2010年10月10日(日)埼玉県市内で焼き芋を軽トラックで販売していた男性が道路交通法の現行犯で埼玉県警蕨署に逮捕されています。逮捕された山川栄二容疑者(53)はスピーカーの音がうるさいと感じた近隣住民から『運転手が酒臭い』と110番通報が寄せられていたようです。駆けつけた捜査員が、この運転手を調べたところ、呼気1リットルあたり0.5ミリグラムのアルコールが検地されたため、その場で道路交通法(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕の運びとなりました。

山川容疑者は同署の調べに対して『客足も少なく焼酎を飲みながら焼き芋を売っていた』。と供述しているようです。



■関連記事
声優、井上麻里奈さんtwitterをはじめる
「そらおと」携帯きせかえ配信スタート!
【懐かしいゲーム特集】「ドンキーコング」(バーチャルコンソール版)
アマガミしたくなる食感『森永乳業 ナタデココ ヨーグルト』
DS『桃太郎電鉄WORLD』のTVCMに戦場カメラマン・渡部陽一さんが出演