【懐かしいゲーム特集】「忍者くん魔城の冒険」(バーチャルコンソール版)

写真拡大

「忍者くん」シリーズの原点!「忍者くん魔城の冒険」は1984年に株式会社UPLからアーケードゲームとしてリリースされたアクションゲームです。その後1985年に株式会社ジャレコからファミリーコンピュータ版がリリースされております。今回は「忍者くん魔城の冒険」についてご紹介いたします。
ゲーム内容
「忍者くん」は手裏剣を敵に当てて倒すこと及び体当たりで気絶させることが主な攻撃方法になります。また左右移動と手裏剣、下の段に降りるというシンプルな操作方法ながら味のあるゲーム性で人気を博しました。
このゲームで面白いのはジャンプボタンと下の段に降りるボタンが同じことです。
それではどのようにして使い分けているのかというと、左右レバーを押しながらジャンプボタンを押すと左右にジャンプ、左右レバーを押さないと下の段に降りることになります。言い換えると垂直ジャンプが出来ないのでうっかりするとジャンプしたつもりが下の段に降りるという現象が起こります。
このゲームのキャラクターで特に面白いのが「カブキ」です。爆弾をばらまく強敵なのですが爆弾を放物線上に投げるので真横にいると攻撃を受けなかったりします。
「忍者くん」シリーズについて
※写真は「忍者くん阿修羅の章」

「忍者くん魔城の冒険」は以前ご紹介した「忍者くん阿修羅の章」のシリーズ第一作にあたる作品です。では、「忍者くん阿修羅の章」がシリーズ第二作目かと言われると微妙なところです。というのも株式会社ジャレコからスピンオフ作品として「忍者じゃじゃ丸くん」がファミリーコンピュータ版としてリリースされているからです。
※写真は「忍者じゃじゃ丸くん」

基本的なゲームシステムや操作方法は3作とも同じですので全てまとめて遊んでみるのがよろしいかと思われます。


▼外部リンク

忍者くん魔城の冒険(バーチャルコンソール版)

■関連記事
「そらおと」携帯きせかえ配信スタート!
【懐かしいゲーム特集】「ドンキーコング」(バーチャルコンソール版)
アマガミしたくなる食感『森永乳業 ナタデココ ヨーグルト』
DS『桃太郎電鉄WORLD』のTVCMに戦場カメラマン・渡部陽一さんが出演
カプコン『バーチャルコンソール アーケード』に珠玉の3タイトル『魔界村』・『ブラックドラゴン』・『1942』