【懐かしいゲーム特集】「ドンキーコング」(バーチャルコンソール版)

写真拡大

マリオ初出演作品!「ドンキーコング」は任天堂株式会社から1981年にアーケード版としてリリースされたアクションゲームです。その後、1983年にファミリーコンピュータ版がリリースされました(ちなみに「ドンキーコング」はファミコン初のゲームソフトでもあります)。今回は「ドンキーコング」についてご紹介いたします。
マリオと愉快な仲間達!
皆様お馴染みの「マリオ」がビルを登って(ステージをクリアして)、「レディ」を救うため「ドンキーコング」を倒すゲームです。
ゲームは1,2面は画面左上にいるレディの元にマリオを移動させること、3面は床のボルトを全て通過出来ればゲームクリアです。
こうしてみると極めてシンプルですが、ゲーム内容は奥が深く何周もループして永遠とも思えるくらい継続します。ループするごとに次第に敵のスピード等が上昇し、制限時間も短くなります。
※ある意味耐久レースですが、最後には制限時間が8秒ほどになりゲームクリアが不可能になります。
彼らのその後「マリオ」はその後、「スーパーマリオブラザーズ」等でまさしく任天堂の顔として華々しい活躍を見せてくれます。また「ドンキーコング」も「スーパードンキーコング」等で任天堂の名物キャラクターとして良く知られております。では、「レディ」はといえばその後一切登場しておりません。おそらくは「レディ」の立ち位置のキャラクターとして「ピーチ姫」が有名になってしまい出番が無くなったと思われますが、逆に「レディ」が登場するゲームをもう一度遊んでみたくなりますね!


▼外部リンク

「ドンキーコング」(バーチャルコンソール版)

■関連記事
「そらおと」携帯きせかえ配信スタート!
アマガミしたくなる食感『森永乳業 ナタデココ ヨーグルト』
DS『桃太郎電鉄WORLD』のTVCMに戦場カメラマン・渡部陽一さんが出演
カプコン『バーチャルコンソール アーケード』に珠玉の3タイトル『魔界村』・『ブラックドラゴン』・『1942』
けいおんの第三期、けいおん!!!フラグ!?に沸くネット住民