ドイツ・フランクフルトの秋の消費財見本市「テンデンス」が、さる8月27日(金)〜31 日(火)の5日間、フランクフルト国際見本市会場にて開催、昨年の来場者数を大きく上回る5万6968名(昨年実績:5万2116名)を記録した。
来場者の24%はドイツ国外から訪れ、アメリカからの来場者数は昨年の2倍に増えた。ドイツに続く来場上位5カ国は、スイス、オランダ、イタリア、オーストリア、フランス。日本からの来場者は216名だった。また来場者増にともない、発注数も増えるなど業界全体の景況感に明るい兆しが見られた。
次回開催は2011 年8月26日(金)〜30日(火)の予定。

なお「テンデンス」の詳報は、「インテリアビジネスニュース(本紙)」10月10日号にて掲載予定である。